旅 瀬戸内(たびせと)

金丸座 旧金毘羅大芝居 GoogleMap
     
  国指定重要文化財 旧金毘羅大芝居(金丸座)
日本最古の芝居小屋、旧金毘羅大芝居は天保6年(1835年)の創建で、それ以前は、その都度建てられる仮小屋であったが、芝居の常小屋と富くじの開札場を兼ねて建設された。
江戸時代、東西の千両役者がこの舞台を踏んだということは、全国有数の芝居小屋として、その名をとどろかせていたことを物語っている。
江戸末期の劇場建築の典型を伝える唯一最古のものとして、昭和45年国指定重要文化財に指定されたことを契機として、昭和47年から約4年間、2億数千万円の事業費を投じて、現在地に昭和51年4月、天保の姿そのまま見事に移築復元されたのである。
昭和60年より毎年、歌舞伎公演が行われ、全国から熱い注目をあびている。
       琴平町教育委員会
(現地案内板より) 

縦覧料
大人 500円 中人(中高生)300円 小人(小学生)200円 団体割引 15人以上割引
開場 午前9時から午後5時まで
(現地案内板より)  
 

Home 香川県の瀬戸内沿岸地域・諸島へ戻る 金刀比羅宮へ戻る