旅 瀬戸内(たびせと)

常寂光寺 GoogleMap
     
  常寂光寺(じょうじゃっこうじ) 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3 TEL075-861-0435
拝観時間:9:00〜17:00(受付終了16:30) 拝観料金:400円
日蓮宗の寺院である。
慶長元年(1596)、本圀寺(ほんこくじ)十六世究竟(くきょう)院日メiにっしん)がが、この地に隠棲(いんせい)して開創した。
寺域が小倉山の中腹を占め、幽雅閑寂で、天台四土にいう常寂光土の観があるところから常寂光寺の寺名がつけられたといわれる。
多宝塔(重要文化財)は元和6年(1620)の建立で、並尊閣(へいそんかく)といい、前面に霊元天皇の勅額を掲げている。
本堂は伏見城の建物の一部を当寺二世通明院日韶(にっしょう)が移転修造したものといわれる。
仁王門はもと本圀寺客殿の南門を移転、妙見堂は能勢妙見を分祀し、歌仙祠には藤原定家(ていか)・家隆(いえたか)の木像を安置する。
また、時雨亭は家定山荘がこの付近であるとして建てられたものである。
                                    京都市
(現地案内板)
                                                     常寂光寺ホームページ
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 嵐山・嵯峨野へ