旅 瀬戸内(たびせと)

城願寺 GoogleMap
     
    城願寺 山門   
     
  城願寺 本堂     七騎堂   
  城願寺
城願寺は、源頼朝を庇護した「頼朝七騎」の中心人物である土肥実平が再興した寺で、一族の墓所と実平お手植えのビヤクシンの古木がある寺として知られている。
この寺の下付近には、土肥実平の館があったとされている。
萬年山 城願寺
曹洞宗(禅宗)
南無本師釈迦牟尼佛
当山本尊 聖観世音菩薩
大本山 福井県 永平寺 御開山 高祖道元禅師
      横浜市 総持寺 御開山 太祖瑩山禅師
伝統   お釈迦様よりの正伝の佛法は達磨大師によって中国へ伝えられ曹洞の禅風として開花し鎌倉時代道元禅師のお伝えにより日本開宗となす。
      その教義は瑩山禅師によって広く全土に実践教化され今日に至る。
教義   人は本来佛性有り。
      己に佛心の具え有り、正法の経典を讃仰読誦し深く黙照して坐し却下照顧して己の足下を見つめ、自然(宇宙)と一体なる自己を見極めて活達なる人生をいかしきるのが禅の実践なり。
経典   修証義 般若心経 観音経 寿量品等を読誦する。
(現地案内版)                城願寺案内図
     
       湯河原駅と土肥実平夫妻の銅像  
     
         
   土肥一族の墓所   城願寺のビャクシン    文殊堂  
           
  書院    湯河原(城願寺より)     城願寺参道  

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ