旅 瀬戸内(たびせと)    石垣原合戦古戦場ー実相寺山ー GoogleMap    
   
     
     
     
  石垣原合戦古戦場ー実相寺山ー      
  石垣原合戦古戦場(いしがきばるかっせんこせんじょう)ー実相寺山(じっそうじやま)ー
慶長5(1600)年旧暦9月13日ー関ヶ原決戦の2日前ー、別府の扇状地を舞台に黒田官兵衛の軍勢と旧領回復を目指す大友義統(おおともよしむね)の軍勢との間で、激しい戦いがありました。
合戦に参加した細川家の重臣松井康之(まついやすゆき)の記録によると、戦いは黒田軍の先鋒と松井勢が実相寺山周辺に布陣した昼頃から始まり、黒田軍は大友軍の陣のある立石際(たていしぎわ)まで攻め込みますが、大友軍に反撃され、久野次左衛門(ひらのじざえもん)など黒田軍の有力武将が討死しました。
福岡藩の貝原益軒(かいばらえきけん)が編纂した「黒田家譜(くろだかふ)」では、大友軍の反撃を受けた黒田軍の先鋒は総崩れとなり、実相寺山(じっそうじやま)と加来殿山(かくどのやま)の間の「犬(いん)の馬場」まで撤退し、大友軍の武将吉弘統幸(よしひろむねゆき)は逃げる黒田軍を追いかけて、実相寺山の麓まで迫ったと伝えています。
この戦況を加来殿山で見ていた黒田軍三陣(さんじん)の大将井上九郎衛門(いのうえくろうえもん)は、緒戦からの戦闘で疲れの見える大友軍に攻めかかり、この攻撃により形成は逆転し、吉弘統幸ら大友軍の有力武将は討死して、戦いの勝敗が決しました。
「黒田家譜」では、黒田官兵衛が実相寺山に来た様子を次のように伝えています。
「其日(そのひ)の晩景(ばんけい)(9月13日の夕方すぎ)如水実相寺山に着て、山上に陣を取給ふ」、「実相寺山を本陣に定め、其麓(そのふもと)前後左右に軍兵をつらね、廣く陣を取給ふ」とあり、黒田官兵衛が実相寺山に着陣し、これを中心に黒田軍が広く布陣した様子を伺い知ることができます。
(現地案内板)
 
  広告      
   
     
       鶴見岳・扇山方面パノラマー実相寺山よりー       
         
  実相寺山    鶴見岳ー実相寺山よりー     別府湾ー実相寺山よりー  
     
      別府湾方面パノラマー実相寺山よりー       
         
  黒田如水による大友軍の首実検場所    松井康之陣所跡方面    賀来殿山方面  
  黒田如水による大友軍の首実検場所
ー慶長5(1600)年9月14日ー関ヶ原決戦の1日前ー
黒田軍三陣の大将井上九郎衛門の部隊が、前日13日の戦いで討ち取った吉弘統幸、宗像鎮統ら大友軍の有力武将の首実検が行われたといわれる場所。
 
  松井康之陣所跡(手前)
南立石公園(中間部にある森)  
大友義統本陣跡 宗像掃部陣所跡(右山裾附近の森)
黒田軍は大友軍の陣のある立石際まで攻め込むが、大友軍に反撃され、久野次左衛門など黒田軍の有力武将が討死した。
その後大友軍の反撃を受ける。⇒右へ

大友勢は吉弘統幸・宗像鎮統等の主立った武将が討ち取られ、14日には実相寺に到着した黒田孝高は首実検と軍議を行った。
 
  扇山(前方)・賀来殿山(かくどのやま)(手前)方面
貝原益軒の「黒田家譜」では、大友軍の反撃を受けた黒田軍の先鋒は総崩れとなり、実相寺山と加来殿山の間の「犬の馬場」まで撤退し、大友軍の武将吉弘統幸は逃げる黒田軍を追いかけて、実相寺山の麓まで迫ったと伝えている。
この戦況を加来殿山で見ていた黒田軍三陣の大将井上九郎衛門は、緒戦からの戦闘で疲れの見える大友軍に攻めかかり、この攻撃により形成は逆転し、吉弘統幸、宗像鎮統ら大友軍の有力武将は討死して、戦いの勝敗が決した。
(現地案内板)
慶長5(1600)年9月13日ー関ヶ原決戦の2日前ー
 
  広告      
     
   
           
   史跡 石垣原 黒田如水本陣跡          
  史跡 石垣原 黒田如水本陣跡ー黒田官兵衛ゆかりの地ー   Home 大分県の旅へ 湯の町別府へ 別府八湯へ 別府八湯 観海寺温泉へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ