旅 瀬戸内(たびせと)

世界文化遺産 厳島神社(いつくしまじんじゃ) GoogleMap
       
    大鳥居(国重文)  
       
  国宝 本社祓殿(ほんしゃはらいでん)・国宝 高舞台(たかぶたい)     客神社祓殿(まろうどじんじゃはらいでん)  
     
  世界文化遺産 厳島神社
世界文化遺産 「厳島神社は」、瀬戸内海の自然を代表する天然記念物「弥山原始林」を頂く宮島の島全体をご神体として、6世紀ごろに創建されたと伝えられている。
1168年、平清盛は海上に浮かぶ寝殿造り様の社殿という独創的な神社建築を完成させた。
平安時代の極に達した建築美の面影は、多くの先人によって手厚く守られ、現在に伝えられている。
周囲の海や山と見事なまでに調和した厳島神社の美しさと、その多彩な歴史は他に類例を見ないものである。
また、神道の社殿群の中にかっての神仏混淆のなごりを色濃くとどめている。
大鳥居の立つ海と背後の弥山原始林や都市公園を包含する地域は1996年12月7日「厳島神社」としてUNESCOの世界遺産に登録され、その価値は全世界で共有されることになった。
我々は、この貴重な遺産を後世に引き継ぐ責務を負ったのである。
(現地案内板より)
厳島神社 大鳥居
厳島神社の拝殿より108間の海面に、鳥居自体の重みで立っている朱塗りの大鳥居は宮島のシンボルとして海外にまで知られている。
平安時代から8代目、現在の鳥居は明治8年に完成したもの。主柱の用材は、香川県と宮崎県から運ばれた楠の自然木。総高約16m。
楠の木は、瀬戸内海地方では大切にされてきた。このことは、大三島の大山祇神社など神社や寺などに巨木が残されていることからもわかる。
かっては船の材料として使用された時代もあったといわれている。
 
厳島神社と新・平家物語
厳島神社は、今から1370余年前推古天皇の即位元年に社殿が創建され、その後、平清盛によって現存の規模ができあがり平家の氏神として平家一族によって深く信仰されるとともに、後白河法皇高倉上皇の御幸も行われてる。
平家納経を始めとするたくさんの宝物と共に、国宝、重要文化財に指定されるものがきわめて多い。
また、平家が屋島の戦いで源氏に破れ長門 壇ノ浦へ落ち延びて行く途中では、二位の尼の願いにより、ここ厳島神社で戦勝祈願を行っている。
厳島神社 厳島神社 厳島神社 本社
厳島神社はやはり、満潮になった時に訪れるのが一番よい。今回は、このことをあまり考えないで訪れたので満潮になる1時間程前であった。
参考資料「気象庁潮位表
干潮時には、鳥居の近くまで行くことができる。
火焼前(ひたさき) 楽房と大鳥居 能舞台
火焼前
火焼前から大鳥居までは88間。
能舞台 
潮の干満による時間の変化や波の音を感じながら能を見るのも良いものだろう。
反橋 高舞台 大鳥居
高舞台
厳島神社に舞楽を奉納する舞台。
卒堵婆石 客神社祓殿 客神社祓殿
卒堵婆石(そとばいし)
鬼界島(きかいじま)(硫黄島)に流された平康ョ(たいらのやすより)が母恋しさに千本の卒堵婆に二首の和歌を書いて海に流した。そのうちの一本が厳島神社の池の中の石に流れついたといわれる。

世界遺産の島宮島へ戻る 広島県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ戻る Home