旅 瀬戸内(たびせと)

       
  スマートフォンで表示   有岡城跡ー伊丹郷町ーGoogleMap    
             
     
    有岡城跡ー伊丹城跡ー   
     
  有岡城跡ー伊丹城跡ー石垣      有岡城跡ー伊丹城跡ー  
  国指定史跡有岡城跡(ありおかじょうせき)ー主郭部(しゅかくぶ)ー 昭和54年12月28日指定(昭和63年5月追加指定)ー黒田官兵衛ゆかりの地
南北朝時代から伊丹氏の城として発展してきた伊丹城は、永正17年(1520)には城下町をも城の中に取り込んだ「惣構(そうがまえ)」構造の兆しが見られ、その後の一向宗との合戦など、数々の戦いを経て次第に強化されていきました。
天正2年(1574)、織田信長の部将、荒木村重(あらきむらしげ)が伊丹氏を破って入城し、「有岡城」と改名しました。
そして摂津一国の軍事上の中心とした大改修を行い、主郭部・侍町(さむらいまち)・町屋地区の全体を塀と土塁(どるい)で囲み、北・西・南にそれぞれ砦(とりで)を配した惣構の城を完成させました。
天正6年(1578)、村重が信長に背(そむ)いたため、大軍によって包囲され、10ヶ月の攻防戦の末に落城しました。
その後、池田之助(ゆきすけ)が城主となりますが、同11年には美濃国に移り、城は廃されました。
城下町のうち町屋地区はそのまま残り、江戸時代には酒造りの町として栄えました。
主郭部は「古城山」などと呼ばれ、堀跡や土塁が残っていましたが、明治時代に鉄道(現在のJR宝塚線)が開通したことにより、大半が取り壊されました。
しかし、昭和50年(1975)から行われた発掘調査により、土塁の石垣や建物跡など、貴重な遺構が残されていることがわかって、国史跡に指定されました。
現在の史跡公園は昭和58年度から平成5年(1993)度まで10年以上かけて整備したものです。
現在地から右手(北方)にある土塁・石垣・井戸跡などもぜひご覧ください。
                       平成20年3月  伊丹市教育委員会
(現地案内板)有岡城跡惣構の範囲図 旧伊丹郷町地図 現伊丹郷町地図
 
   広告  
     
         
   礎石建物跡・井戸跡    土塁・堀跡ー復元   復元土塁(左)とJR伊丹駅前歩道橋への通路   
  有岡城と黒田官兵衛
信長に背いた荒木村重を説得するために、蜂須賀正勝、前野長康に続き、最後に有岡城へ赴いた黒田官兵衛は、城中に入ったところで捕らえられ、土牢に約1年間幽閉され、天正7年(1579)10月16日、落城によって奇跡的に救出された。
この時、信長は官兵衛が戻ってこないのを、官兵衛も村重方に寝返ったとみて、人質に取っている官兵衛の子松寿を殺すように竹中半兵衛に命じた。
半兵衛は、黒田官兵衛が寝返りをするような人物ではないことを信長に説明するが聞き入れられなかった。
そこで、半兵衛は、信長には松寿丸(後の黒田長政)を殺したと言って、秘かにその領地美濃の奥菩提という居城に隠している。
私が地元を歩いて、「有岡城と黒田官兵衛」について話を聞いていると、地元の人たちは、黒田官兵衛がどのあたりに幽閉されていたのかについて関心を持っている様子であった。
「何もそれを示す史跡が残っていないので、はっきりしたことは分からないが、官兵衛は、牢の窓から、「藤が芽をだし花が咲く」のを見て生きる望みをつないでいた」ということ。
「町名に「藤の木」というところがあるのでその付近ではないだろうか」との事、調べてみると、有岡城の主郭に最も近い、藤の木一丁目は、JR伊丹駅の東、イオンモールのあるあたりであった。
この時の「藤の花」に対する思いが黒田家の家紋になったのである。
播磨灘物語では、牢は城の主郭の北西方向にあったと書かれている。
   
 
           
   有岡城跡とJR伊丹駅   有岡城跡 土塁・礎石建物跡・井戸跡・石垣     懐古園碑  
          懐古園碑ー有岡城跡ー碑文の概要(意訳)
この地は、もともと荒木村重の城郭があった跡であるが、次第にさびれて、武内氏の所有するところとなった。
氏は城跡が滅していくのを嘆き、修復して永く後世に伝えようと欲したが果たさずに亡くなった。
未亡人の奈如女は、その意志を継ぎ、時機が来るのを待った。
この丘陵はたいへん風光明媚で葛城・金剛。六甲・池田の山々に囲まれ、足もとを猪名川が流れている。
村重から330年にあたり、未亡人は先人の志を生かそうと決意してこの碑を立て、祭りをした。
未亡人の貞節と子息利右衛門の孝順を称え、荒木氏の霊も以て冥すべきである。
  明治34年9月24日 七十五翁 北山撰ならびに書
 
 
  広告      
     
         
  フランドルの鐘と有岡城跡    JR伊丹駅    鵯塚ー有岡城鵯塚砦跡ー   
  フランドルの鐘ーJR伊丹駅前ー
姉妹都市八セルト市から平和と友好の象徴として、伊丹市に贈られたカリヨン
  JR伊丹駅
兵庫県伊丹市伊丹1−15−20
有岡城跡を削り取って作られたJR伊丹駅。
有岡城跡との間は歩道橋で結ばれている。
JR伊丹駅は、有岡城跡の一部を削り取って作られている。
城跡は歩道橋の高さくらいまであったと言われている。
JR伊丹駅のすぐ南には、日清・日露・太平洋戦争などで亡くなった戦没者の慰霊碑が建てられた丘があるが、これも有岡城跡の一部。
 
  鵯塚(ひよどりづか)ー有岡城鵯塚砦跡ー
有岡城惣構の城の南端にあった砦跡。
現在は、私有地のため入ることができない。
塚の頂上には、薬師堂と梶曲阜の建てた鬼貫の句碑があるとのこと。
敷地の一部には、ひよどり広場と書かれた広場があるのでこの附近が鵯塚近くであることがわかる。
 
 
         
   上臈塚砦跡ー伊丹シティホテルー    猪名野神社ー岸の砦跡ー    岡田家住宅・酒蔵  
  上臈塚砦跡(じょうろうつかとりであと)
ー伊丹シティホテルー
ホテル建設時の発掘調査で、この砦は古墳時代前期の古墳を利用していたことがわかった。
(有岡城跡惣構の範囲図より)    
播磨灘物語では、荒木村重が有岡城と妻子や重臣・部下を捨てて単独で尼崎城へ逃げたことが分かった後、城内に裏切り者が出て、この砦から織田軍を入れ籠城戦崩壊が始まったと書かれている。
  猪名野神社 御由緒略記 
TEL072-782-2704 
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前3−6ー1
当社は古く野々宮天王ノ宮と云われ祭神は猪名野坐大神と称し建速須佐之男命を祀る。
孝徳天皇の御代猪名寺に在ったのを延喜4年(904)に此地に勧請したものと云う。
寛文元年、伊丹の地は近衛家の所領となり近衛基煕公は貞享2年(1685)本殿玉垣を再建された。
之が現在の建物である。
爾来伊丹郷町の氏神として賑わい明治2年に神仏分離と共に猪名野神社と改めた。
                    猪名野神社
(現地案内板)
岸の砦跡ー有岡城ー
神社の北側と西側に有岡城の「岸の砦」の土塁跡が残っている。

交通:JR伊丹駅から徒歩約10分
  国指定重要文化財 旧岡田家住宅・酒蔵 
平成4年1月21日 
TEL072-772-5959 
兵庫県伊丹市宮ノ前2−5−28
店舗の建設時期:延宝2(1674)年
酒蔵の建設時期:正徳5(1715)年
現存する伊丹の町家としては最も古く、全国的にも数少ない17世紀の建物。
平成7年の頭・淡路大震災で被害を受け4年の歳月をかけて解体修理。
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料:無料
交通:JR伊丹駅から徒歩約5分 駐車場は無し
 
 
  広告      
     
   
         
   旧石橋家住宅    新町家   伊丹市立美術館・柿衞文庫   
  兵庫県指定有形文化財 旧石橋家住宅ー伊丹郷町― TEL072-772-5959 
兵庫県伊丹市宮ノ前2−5−28
江戸時代後期の建物で旧北少路村(現宮ノ前通り)に建てられた商家を都市開発事業により現在地に移築。
現在は、工芸センターで作られた作品を展示販売。
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料金:無料
   
  新町家ー伊丹郷町 みやのまえ文化の郷ー 
TEL072-772-5959 
伊丹市宮ノ前2−5−28
みやのまえ文化の郷の総合管理事務所。江戸時代の町家である旧岡田家住宅・旧石橋家住宅と調和した外観の建物としている。
1階ー事務所、ロビー、2階ー工房(美術。工芸の創作活動の場)・展示ホール(ガラス美術品を常設展示)、トイレ
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は次の日)
入館料金:無料
交通:JR伊丹駅より徒歩約5分
 
  伊丹市立美術館・柿衞文庫(かきもりぶんこ) TEL072-772-7447 
兵庫県伊丹市宮ノ前2−5−20
 
 
         
  白雪ブルワリービレッジ長寿蔵    伊丹老松酒造     墨染寺  
  白雪ブルワリービレッジ長寿蔵 
TEL072-773-1111 
兵庫県伊丹市中央3−4−15
清酒発祥の地伊丹の、清酒白雪の酒蔵を利用して造られた地ビールと日本酒のアミューズメント施設。
しぼりたてのビールと日本酒、オリジナル料理を落ち着いた雰囲気のある酒蔵の中で如何?
ブルワリーレストランー11:30〜22:30(ラストオーダー21:30) ランチー11:30〜14:00、カフェ(月〜金)14:00〜17:00
ブルワリーミュージアムー11:00〜17:00
ブルワリーー
ショップー
定休日:毎月第2火曜日(祝日の場合は翌日)、
12月31日、1月1日
交通:JR伊丹駅から徒歩約5分、駐車場有
  伊丹老松酒造 
TEL072-782-2470 
〒664-0851 兵庫県伊丹市中央3−1−8
御免酒(ごめんしゅ)
ラベルに「御免酒」と朱印しておりますこれは元禄10年(1697)伊丹の酒屋のうち、大手24軒に帯刀が許され、江戸幕府の「官用酒」とし、これを「御免酒」と称しました。
名字帯刀の酒屋は「御酒屋(おんさけや)と呼ばれ、一般の酒屋とは区別され、新酒が江戸積みされ「御免酒」の幕府納入が終わるまで、他の酒は一般に販売できなかったということです。
「老松」は「御免酒」の中でも最も格式が高く、宮中奉納酒として、将軍の御膳酒として特に有名でありました。
        伊丹老松酒造株式会社
(現地案内板)
          江戸積み銘酒名寄 
  墨染寺ー伊丹郷町ー
TEL072-772-2764 
〒664-0851 兵庫県伊丹市中央6−3−3
宗派:曹洞宗
復興:天正年間(1573〜1591)ー華岳常盛居士菩提の為以前あった小庵を復興
墨染寺の名の由来:豊臣秀吉の家臣 大嶋久左衛門の娘が京都草深より当地へ嫁いだとき、墨染薬師の尊像を安心仏として持参し小庵にお祀りしたのが始まり。
再建:宝永年間(1704〜1711)に上島家による。この時本尊として釈迦牟尼如来像を祀り曹洞宗に改宗
薬師堂:木造薬師如来坐像ー鎌倉時代末期〜南北朝時代の作
現在の伊丹シティホテルからここ墨染寺付近に有岡城の上臈塚砦が築かれていた。
交通:JR伊丹駅より徒歩約7分
 
 
         
  古城山 荒村寺     旧大坂道   法厳寺   
  曹洞宗 古城山 荒村寺(鬼貫の句碑) 
TEL072-782-3936 
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹1−15−2
荒村寺はJR伊丹駅の南、伊丹台地の崖線上に建っている。
この付近は以前は伊丹字古城とよばれ、有岡城跡(伊丹城跡)の一部にあたる。
天正7年(1575)、織田信長に攻め落とされ、城跡だけになっていた。
荒村寺の由来記によれば、この寺に伊丹郷町の木綿屋徳三郎が禅宗に深く帰依し、郷町の堺町にあった閑室に嘯山虎渓(しょうざんこけい)和尚を招いて参禅したのがはじまりで、ついで法国尼僧らがこの庵室をまもった。
寛政12年(1800)堺町の都塵をさけて現在の城跡に移された。
人々はこの庵室を城山庵と呼びならわしていたが、荒木村重の古城の由緒をもって、荒村庵と改名され、現在の寺号のもととなった。
寺内には、江戸時代の伊丹の俳人上村鬼貫が、有岡城跡を訪ねたとき、いばらの茂みに隠れて鳴くきりぎりすの侘しい光景に心うたれて詠んだといわれる句碑がある。
    古城や茨(いばら)くろなる蟋蟀(きりぎりす) 鬼貫
        伊丹市教育委員会
(現地案内板)  
昭和52年(1977)JR伊丹駅前周辺の整備事業により、JR伊丹駅前(フランドルの鐘のあるあたり)にあったのが現在地に移転。
この寺には、荒木村重の位牌が祀られている。
交通:JR伊丹駅から徒歩約3分
  旧大坂道ー伊丹郷内ー
惣構の有岡城は、主郭部・侍町(さむらいまち)・町屋地区の全体を塀と土塁(どるい)で囲み、北・西・南にそれぞれ砦(とりで)を配した惣構の城として築かれたが、有岡城落城後も、その城跡は、豊臣、徳川の直轄領を経て、近衛家の領となり、その間伊丹郷町として発展してきた。
大坂道は、その中心軸として現在も町家や蔵が残り当時の面影を留めている。
 
天保15年伊丹郷町分間絵図解説図ー旧大坂道案内図ー
  浄土宗 迎接山(こうしょうざん) 昆陽院(こやいん) 
法巌寺(ほうがんじ) 
TEL072-772-2144 
兵庫県伊丹市中央2−6−16
宗派:浄土宗
宗祖:法然上人(源空)(1133〜1212)
開宗:承安5年(1175)
本尊:阿弥陀如来坐像(快慶作)
法巌寺沿革
開創:僧行基により昆陽に建立
移転:大永2年(1522)昆陽から当地に西譽上人による
再建:貞享5年(1688)第8世潅世上人ー本堂・庫裡ー
平成7年の大震災により倒壊・解体
平成10年新本堂落成
     
 
         
   正善寺    大蓮寺   三軒寺   
  浄土宗 宝勝山 正善寺(しょうぜんじ) 
TEL072-775-0221 
〒664-0851兵庫県伊丹市中央2−8−30
創建:天正17年(1589)ー「有岡庄年代秘記」
本尊:阿弥陀三尊立像(江戸時代中期)
本堂の再建:享保9年(1724)
平成7年(1995)の阪神淡路大震災で被災、平成8年(1996)に再建
鐘:天和2年(1682)
山門:17世紀初頭の薬医門
  浄土宗 寶池山 大蓮寺(だいれんじ) 
TEL072-772-2860 
兵庫県伊丹市中央2−8−24
宗派:浄土宗
本尊:阿弥陀如来立像
創建:天正15年(1587)
現本堂の建築時期:17世紀中・後期
平成7年(1995)の阪神淡路大震災により傾いたが復旧
元禄年間から伝わる「川辺西国観音霊場三十三箇所」の31番目の観音像を安置
伊丹氏の供養塔建立ー平成元年(1989)
  
  三軒寺(さんげんじ)ー伊丹郷町ー
伊丹郷町にある法巌寺、正善寺、大蓮寺の三軒の寺院が立ち並んだ地域を言っている。
この三軒寺は、惣構の城、有岡城の西端に配置されている。
三軒の寺院の前は、三軒寺前広場になっていて休憩スポットになっており、年に何度か屋台村などの催しも行われている。
 
 
  広告      
     
   
         
   三軒寺前広場    伊丹郷町は高台に    今の伊丹  
  三軒寺前広場
惣構の城、有岡城の西端に法巌寺、正善寺、大蓮寺の三軒の寺院が立ち並んだ地域がありここを三軒寺と呼ばれている。
その三軒寺の前は、三軒寺前広場と呼ばれる広場になっていて休憩スポットになっており、年に何度か屋台村などの催しも行われている。
  伊丹郷町は高台に
伊丹の街中を普通に歩いていると気付かないが、気を付けて歩いていると、伊丹郷町と呼ばれる、惣構(そうがまえ)の有岡城跡の町は、高台となっていることに気付く。
この写真は、有岡小学校横の住宅であるが、左の有岡小学校のある場所よりは、一段高くなっている。
この一段高い台地の上に、伊丹郷町は作られている。
  今の伊丹
私は、大阪勤務の頃西宮市に住んでいたことがあるが、伊丹市と言えば伊丹空港しか頭になく、空港以外、車で通過したことはあっても街をゆっくり歩くことはなかった。
今回、黒田官兵衛ゆかりの地を旅するにあたって初めてゆっくりと街を歩いてみたが、歴史を今に残した素晴らしい街であることがわかった。
やはり、現地を知ることの重要性を改めて思い知った次第である。
 
 
           Home 兵庫県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ