旅 瀬戸内(たびせと)    石垣原合戦古戦場 GoogleMap    
   
   
       鶴見岳・扇山方面パノラマー実相寺山よりー       
  石垣原合戦古戦場ー黒田官兵衛ゆかりの地ー
慶長5(1600)年9月13日ー関ヶ原決戦の2日前ー別府の扇状地を舞台に黒田官兵衛の軍勢と旧領回復を目指す大友義統の軍勢とが激突した、いわゆる石垣原の合戦が行われた。
別府市内には、黒田軍の陣が置かれた実相寺山をはじめ、大友方の陣跡、大友方右翼の将としてその名を馳せた吉弘嘉兵衛統幸の陣があったとされる坂本台地など古戦場跡やこの合戦で活躍した武将ゆかりの神社、寺が点在している。
実相寺山からは、これら古戦場跡を一望のもとに見渡すことが出来る。
  
  広告      
   
       
   石垣原合戦古戦場ー実相寺山ー   石垣原合戦 吉弘統幸陣所跡    吉弘神社  
  石垣原合戦古戦場ー実相寺山ー黒田官兵衛ゆかりの地ー
慶長5(1600)年9月13日ー関ヶ原決戦の2日前ー別府の扇状地を舞台に黒田官兵衛の軍勢と旧領回復を目指す大友義統の軍勢とが激突した、いわゆる石垣原の合戦が行われた時の黒田軍の陣が置かれた所。
大友方の陣跡や合戦場跡を見渡すことが出来、その時の合戦の様子を示す説明版が設置されている。
また東方面は、別府湾をはじめ別府市街を見渡すこともできる。
  石垣原合戦 吉弘統幸陣所跡ー坂本台地ー
ー黒田官兵衛ゆかりの地ー
天下を二分して戦われた関ヶ原の戦いの二日前の慶長5(1600)年9月13日に、西軍石田三成方についた旧豊後国二十二代大友義統と、東軍徳川家康方の前中津城主黒田孝高(如水)が激突した、いわゆる石垣原の合戦において、大友方右翼の将としてその名を馳せた吉弘嘉兵衛統幸の陣があったとされる所でこの付近一帯は坂本台地と呼ばれている。
吉弘統幸は旧主君挙兵の報を聞き豊後立石村にはせ参じ、この合戦において鬼神のごとき活躍で二十数騎の敵将を討ち取り、黒田軍をおおいに苦しめたが、七番掛けで遂に力つき討ち取られたといわれる。
行年三十八歳であった。
  吉弘神社ー黒田官兵衛ゆかりの地ー
TEL0977-23-8297 
〒874-0910 大分県別府市石垣西6−6−19
慶長5(1600)年9月13日、黒田如水八千の大軍と大友義統三千の軍とが、9月9日より石垣原に於いて戦い、大友軍右の翼の大将吉弘嘉兵衛統幸と黒田方の勇将井上九郎衛門元房とが激突し吉弘統幸が討ち取られる。
首級は実相寺山に陣を張る黒田如水の命により、吉弘の郷里屋山 筧の城に送る。
吉弘行年三十八歳、その屍が宝泉寺の僧侶と里人によりこの地に葬られ、後ほど子孫により神社が建てられた。
慶長五年九月十二日夜石垣原頭で中秋の月を仰いで統幸は一族の武将と決別の宴を催し辞世の句を残す。
  あすは誰が 草の屍やてらすらん 石垣原の今日の月影
 
 
           
   寶泉寺          
  太平山 寶泉寺ー黒田官兵衛ゆかりの地ー
宗派:臨済宗妙心寺派
本尊:釈迦如来像
慶長5(1600)年9月、石垣原合戦で討死した大友軍右の翼の大将吉弘統幸の菩提寺で、統幸の位牌がある。
         
  広告