旅 瀬戸内(たびせと)

石鎚神社 GoogleMap
     
    石鎚神社 拝殿   
     
  石鎚神社 神門      石鎚神社 本殿  
  石鎚神社
石鎚神社は、関西第一の高峰、石鎚山(1,982メートル)を神体山として仰ぐ、奥宮頂上社・中宮成就(じょうじゅ)社と土小屋遥拝殿・そしてこちらの口之宮(くちのみや)本社の4社の総称です。
御祭神は、石鎚毘古命(いしづちのひこのみこと)をお祀り申し上げ、石土毘古命(いわづちのひこのみこと)・石鎚大神とも申し上げ、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の第二番目の御子にあたり、諸願成就の神社として知られていますが、殊に家内安全・厄除開運・病気平癒の神として篤い信仰を受けています。
石鎚山は、日本七霊山・日本百名山の一つに数えられ、今から約1,300年の昔、役小角(えんのおづぬ)によって開山され、、弘法大師も修行したと伝えられる修験道の霊山です。
山頂よりは、天候が良ければ土佐湾・太平洋また、瀬戸内海を越えて中国・九州の山々まで遠望でき、変化に富んだ風景が四季を通じて楽しめます。
時には、雲海が眼下に広がり、夜には満天の星空、そして朝には素晴らしいご来光と野鳥の囀り、正に「神」鎮まる御山です。
本社本殿前の石段には、石鎚山に安永8年に掛けられた鉄の鎖を手摺りとして取り付け、皆様に御山の霊気に触れて頂いております。
(現地案内板)
 
     
           
   西条の町並み    祖霊殿 拝殿   祖霊殿 本殿  
  霊峰石鎚山 総本宮 石鎚神社
鎮座地 本社            現在地  愛媛県西条市西田
      成就社          石鎚山
 中腹  神職常駐         1,450m
      土小屋遥拝殿      石鎚山  中腹  神職季節駐在      1,492m
      頂上社          石鎚山  山頂  神職季節駐在      1,982m
御祭神 石鎚大神(石土毘古大神)
      伊邪那岐、伊邪那美大神の第二皇子
御神徳 玉持の御神像  大神の和魂・仁の御徳
                 家内安全、病気平癒を守護
      鏡持の御神像  大神の奇魂・智の御徳
                 農・工・魚・商業の成就、学業成就を守護
      剣持の御神像  大神の荒魂・勇の御徳
                 勇気と忍耐を勧め、悪を除き善を守護
由緒  日本七霊山の一つ、霊峰石鎚山を神体山と仰ぐ
     役の行者の開山、弘法大師始め高僧、行者が修行
     神仏混交の信仰の為、宗教法人「石鎚本教」を創立
     日本、ハワイ、ブラジルに、教会、遥拝所、約160ヶ所
     先達は約9万、教師は約3千、信者百万を擁す
主祭典 1月1日         歳旦祭 本社・成就社
      2月3日         星祭  本社
      4月5日         春の例大祭 本社
      7月1日〜10日     お山開き大祭
      10月5日         秋の例大祭 本社
      10月23日        もみじ祭り  土小屋遥拝殿
      正、5、9月11日    経営成就祈願大祭 成就社
月次祭 毎月1日、15日    午前10時
      月毎の、神恩感謝のお祭り
命日祭 毎月15日  午前11時
      帰天された先達を祀り、月毎に行う御霊慰めのお祭り
(現地案内板) 
 
           
   石鎚神社 神門 天狗   石鎚山 登山口     石鎚神社 参道  
          石鎚神社ホームページ  

Home 愛媛県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ 西条市へ