旅 瀬戸内(たびせと)

道後温泉 伊佐庭如矢銅像
     
  伊佐庭如矢(いさにわゆきや)
伊佐庭如矢は、明治23年に道後湯之町の初代町長として、道後温泉本館建築に情熱のすべてを注ぎ、幾多の困難を乗り越えながらも明治27年4月落成に至った。
棟梁は城大工の坂本又八郎で、重厚な伝統技術を生かしながらも洋風建築の優れた点を取り入れ、伊佐庭如矢を助けた。
伊佐庭翁は、明治35年に任期満了により町長退職、余生は、詩歌、茶の湯などの風流に親しみ、明治41年9月永眠した。
(現地案内碑より)
 
 

Home 愛媛県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ 道後温泉へ