旅 瀬戸内(たびせと)

新熊野神社の大樟(くす)
     
  後白河上皇お手植の「大樟(くす)」さん
今から約830年前、当社草創の砌(みぎり)、後白河上皇は紀州国(和歌山県)の熊野から土砂、材木などをこの地に運び、熊野になぞらえて、その新宮、すなわち新熊野神社を創建された。
その折、熊野より移植、国家鎮護と万民福祉とをご誓願、お手植されたのが、現在の大樟である。又熊野の神々がご降臨になる「影向(ようごう)の大樟」といい、健康長寿、病魔退散特に上皇が常にお腹を煩っておられたところから「お腹の神様」と信仰され、人々から「大樟大権現」と尊崇されている。
朝夕排ガスの激しい場所にありながら、樹勢は益々旺盛で、日夜人々の営みを見守り続けている姿は、尊く畏き極みである。(京都市の天然記念物)
(現地案内板)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 新熊野神社へ