旅 瀬戸内(たびせと)

新熊野神社(いまくまのじんじゃ) GoogleMap
   
  なぎの木   
新熊野神社の大樟 新熊野神社拝殿
新熊野神社(いまくまのじんじゃ) TEL075-561-4892 京都市東山区今熊野椥ノ森42
熊野信仰が盛んであった平安後期の永暦元(1160)年、後白河上皇が紀州(現在の和歌山県)熊野の神をこの地にあった仙洞御所(せんとうごしょ)法住寺殿(ほうじゅうじどの)の内に勧請(かんじょう)して、当社を創建した。上皇の命を受けた平清盛は、熊野の土砂や材木を用いて社域や社殿を築き、那智の浜の青白の小石を敷いて霊地熊野を再現したとされる。
皇室の尊崇が厚く、社域は広壮、社殿は荘厳を極めたが、応仁の乱で荒廃し、現本殿(市指定有形文化財)は寛文13(1673)年に聖護院の道寛親王により再建されたものである。
院内の樟(くす)の木は、熊野から移植した後白河上皇お手植えの神木といわれ、健康長寿、特に腹を守護する神、また、安産の守り神として信仰されている。
足利義満が初めて観阿弥・世阿弥父子の能を見た場所としても知られている。
                                         京都市
(現地案内板)
拝観時間:9:00〜17:00
境内拝観自由
能楽大成機縁の地 駐車場 熊野古道
新熊野神社
当社は、「熊野大権現社」とも「熊野十二社権現」ともいわれ、熊野本宮大社・熊野那智大社・熊野速玉大社に祭られている12神をお祭りしています。
社殿の配置図は上図の通りですが、本社にお祭りしている神は、熊野牟須美大神(くまのむすびのおおかみ)といい、一般には、伊弉冉尊(いざなみのみこと)と言われています。
熊野那智大社の主祭神です。
上社(かみのやしろ)には(1)熊野速玉大社の主祭神、速玉之男大神(はやたまのをのおおかみ)(通称、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、(2)熊野本宮大社の主祭神、熊野家津美御子大神(くまのけつみこのおおかみ)(通称、素盞鳴尊(すさのをのみこと)が祭られています。我が国には、八百万の神々(やおよろずのかみがみ)といって多数の神々が居られますが、大きく分けると自然神(自然そのものが神)と祖先神(祖先の御霊が神)の二つに分類されます。若宮社には、皇祖天照大神(あまてらすおおみかみ)が、中社(なかのやしろ)には天照大神から神武天皇に至る四柱の神々(忍穂耳命(おしほみみのみこと)・瓊々杆命(ににぎのみこと)・彦穂々出見命(ひこほほでみのみこと)・鵜茅草葺不合命(うかやぶきあえずのみこと)が祭られており、これらは全て祖先神です。
一方、下社(しものやしろ)には、火の神軻遇突智命(かぐつちのみこと)・土の神埴山姫命(はにやまひめのみこと)・木の神彌都波能売命(みずほのめのみこと)・食物の神稚産霊命(わくむすびのみこと)が祭られており、これらはすべて自然神です。
牟須美(むすび)とは、「自然の営みの中に生命の根源がある」という日本人の持つ自然神話信仰を総称する言葉で、当社の社殿の配置は、自然神の祖神(おやがみ)である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)以下の全ての祖先神・自然神を統合する形になっており、熊野信仰の理念が、社殿の配置に示されています。
(現地案内板)

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ