旅 瀬戸内(たびせと)

       
      生野銀山 門柱と生野鉱物館    
             
       
       
       
  生野銀山 門柱と生野鉱物館
菊の御紋の入った門柱ー生野銀山は明治に入ると共に長い幕府の天領時代に終わりを告げ、政府の直轄鉱山となり近代化が急速に進められた。
この門柱は明治9年その責任者としてフランスから招かれて来た ジャン・フランソア・コアニエ(Jean Francois,Coignet)が当時の工場正門として築造したもので、昭和52年現在位置に移設したものである。
(現地案内板)   
 
             

Home 兵庫県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 竹田城跡へ 生野銀山へ