旅 瀬戸内(たびせと)

筏八幡宮 GoogleMap
     
     筏八幡宮 本殿  
     
    筏八幡宮    筏八幡宮 拝殿  
  東和町指定文化財 筏八幡宮の石鳥居 壱基
この石鳥居は元禄14年に村上景信が、武門繁栄、民屋豊饒を祈念して建立した。
神山神社の石鳥居より一廻り大きく堂々としている。
柱も大きく、転びが少なく安定感がある。
笠木・島木の両端を欅切りとしていることは新様式を示すものであり注目される。
左右の柱に陰刻する。
向かって右柱
「周防大嶋郡和田村
八幡大菩薩廟前之華表者為武門繁栄民屋豊饒彫臣石而以建立之」
向かって左柱
「元禄一四辛巳年八月十四日 村上三郎兵衛尉源景信」
石大工大阪住小戸六兵衛尉
作域が優れ、和田の領主村上景信の寄進であり、石大工が大阪住の小戸六兵衛尉であることは重要で資料的価値が高く文化財として貴重である。
    平成5年3月4日
           東和町教育委員会
(現地案内板)   
 

Home 山口県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ 周防大島へ