旅 瀬戸内(たびせと)

家島 宮漁港(宮浦夜泊ーみやうらやはく) GoogleMap
 
宮漁港
宮浦夜泊 宮漁港
宮浦夜泊(みやうらやはく)(家島十景の一つ)
宮浦の入江に船を寄せ、一夜を明かす興趣を指している。
「播磨鑑(はりまかがみ)」の漢詩には、当時の停泊の様子を「入江のほとりは小さな山に囲まれて、青く澄んだ海は穏やかだ。高い帆柱を横にして小さな流れに舟をつないでいる」と表現している。
このように、舟や家屋が林立していない当時の様子が想像される。

家島諸島へ戻る 兵庫県の瀬戸内沿岸地域・諸島へ戻る Home