旅 瀬戸内(たびせと)

本蓮寺 祖師堂(そしどう)
     
  県指定重要文化財 本蓮寺(ほんれんじ) 祖師堂(そしどう) 昭和57年4月9日指定
創建の年代は不詳。再建の時期については、元禄4年(1691)と明和6年(1769)との二説がある。
平面は正面三間、側面四間、中央に向拝をつける。
屋根は入母屋造(いりもやづくり)、本瓦葺(ほんかわらぶき)、拝みに鰭付蕪懸魚(ひれつきかぶらげぎょ)を吊る。
軒は二軒繁?(ふたのきしげたるき)、組物は支輪をもった出組(でぐみ)である。
外観は外陣を前面開放することによって豪快な構造美をみせるとともに、細部の蟇股(かえるまた)、篭彫(かごぼり)の手挟(たばさみ)、虹梁(こうりょう)の絵様などによって華麗なものに仕上げられている。
この祖師堂は県下最大級の規模をもち、平面、構造、外観の整った建物として高く評価できる。
                瀬戸内市教育委員会
(現地案内板より) 
 

Home 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 牛窓へ しおまち唐琴通り(牛窓の古い町並み)へ 本蓮寺へ