旅 瀬戸内(たびせと)

本蓮寺 三重塔
     
  県指定重要文化財 本蓮寺 三重塔 昭和55年4月8日指定
創建の年代は棟札の写しにより元禄3年(1690)である。
平面は方三間、棟高は12.6メートル。構造は四天柱をもち、心柱を初重の天井裏より立てた一般的なものである。屋根は本瓦葺(ほんがわらぶき)。軒は各重とも二軒繁?(ふたのきしげだるき)。軸部は粽付(ちまきつき)の円柱で台輪を使用し、斗?(ときょう)、花頭窓(かとうまど)などは禅宗様である。
その外観は柱、組物、花頭窓の構成が有機的に関連して見事なバランスである。花頭窓、蟇股(かえるまた)、木鼻(きばな)は優れた意匠と技法を見せている。元禄時代の高い文化水準によって完成された華麗な三重塔として高く評価できる。
               瀬戸内市教育委員会
 
 

Home 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 牛窓へ しおまち唐琴通り(牛窓の古い町並み)へ 本蓮寺へ