旅 瀬戸内(たびせと)

本蓮寺 番神堂
       
     
     
  番神堂     
  国指定重要文化財 本蓮寺 番神堂(ばんじんどう)  昭和33年5月14日指定
法華経を守護する三十番神を祀った神堂で、江戸時代中期に建てられた覆屋(おおいや)の中に、東より東祠(とうし)、中祠(ちゅうし)、西祠(さいし)の三棟の建物が並んでいる。建築年代は何れも室町時代後期とされている。
中祠の屋根は入母屋造(いりもやづくり)、?葺(こけらぶき)、向拝(こうはい)付、軒は二軒疎?(ふたのきまばらたるき)。
東祠と西祠の屋根は流造(ながれづくり)、?葺(こけらぶき)、軒は一軒繁?(ひとのきしげたるき)である。
外観が整ったものは東祠で、流造の屋根、軸部、基壇は全体に均整のとれた美しい構成をみせ、細部の格子戸、組高欄の意匠も見事である。
三祠とも保存が良く、室町時代の小形社殿の様式を示すものとして貴重な文化財である。
           瀬戸内市教育委員会

Home 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 牛窓へ しおまち唐琴通り(牛窓の古い町並み)へ 本蓮寺へ