旅 瀬戸内(たびせと)

源頼朝配流の地 蛭ヶ小島 GoogleMap
       
      「蛭島碑記」の古碑・秋山富南の頌徳碑       
  蛭ヶ島ー源頼朝配流の地跡ー
このあたりを、韮山町四日町字蛭ヶ島といい、平治の乱で敗れた源義朝(よしとも)の嫡子、兵衛佐頼朝(ひょうえのすけよりとも)配流の地といわれている。
狩野川の流路変遷の名残をとどめてか、近在には古河(ふるかわ)・和田島(わだじま)・土手和田どてわだ)等の地名が現存するところから、往時は大小の田島(中州)が点在し、そのひとつが、この蛭ヶ島であったことが想像される。
永暦元年(1160)14才でこの地に流された頼朝は、治承4年(1180)34才で旗揚げ、やがては鎌倉幕府創設を成し遂げることとなるが、配流20年間における住居跡等の細部は詳らかではない。
しかし、「吾妻鏡」治承4年の記事によれば、山木攻め(頼朝旗揚げ)の頃は、妻政子の父、北条時政の館(当地より西方約1.5qの守山北麓)に居住し館内で挙兵準備を整えたとある。
このことから考えると、頼朝は、北条政子と結ばれる治承元年(1177)頃までの約17年間を、ここ蛭ヶ島で過したものといえよう。
当公園中央部にある、「蛭島碑記」の古碑は、源氏が天下支配の大業を果たした歴史の原点を後世に伝承すべく、寛政2年(1790)豆州志稿(ずしゅうしこう)の著者、秋山富南の撰文により、江川家家臣飯田忠晶が建立したもので、韮山町の有形文化財に指定されている。
またこの碑の西側にある高い碑は秋山富南の頌徳碑で、豆州志稿の増訂に当った荻原正夫が、明治26年に建立したものである。
                                                          韮山町教育委員会 韮山町産業観光課(現地案内版)
 
     
       
  政子と頼朝像    蛭ヶ島茶屋(左)と駐車場(右)     蛭ヶ島茶屋  
  頼朝と政子(梛の葉の縁結び)
北条時政が大番役の一人として京に上り伊豆を留守にしている間(1177年頃)、31歳の源頼朝と21歳の北条政子は恋に落ちました。
源氏の御曹司と結ばれたことが表沙汰になると面倒なことになると考えた時政は、政子を伊豆国の目代である山木判官平兼隆の元に嫁がせようと企てますが、祝言の晩政子は山本館を脱出し、熱海の東方伊豆山の走湯山権現に逃げ込みました。
当時の伊豆山権現は格式の高い神社である上、多数の僧兵が山にこもっていたので、平兼隆も北条時政も手出し出来ず、政子のしたためた手紙を受け取った頼朝は、伊豆山に行き、政子と相会することができたのです。
かくて頼朝と政子は、伊豆山権現の保護によって、そこでめでたく夫婦になることができました。
近世中期の投節(なげぶし)のひとつに
 こんどござれば持て来てたもれ、伊豆のお山のなぎの葉を。という歌があります。
「今度、おいでになるときには、伊豆のお山のなぎの葉を持ってきて下さいね」
という願いのうちに「それをお守りしたいから。」との意がこめられています。
女の方から男に言った言葉です。
当時の俗信では、梛の葉を鏡の裏に入れて「お守り」にすると、願いごとがかなう(結ばれる)とされていました。
「伊豆のお山」とは伊豆山権現のことです。
源頼朝と北条政子の熱烈な恋愛は伊豆山権現で成就したのですから、この故事にならって梛の葉は、当時の娘たちのあこがれであり、願いであったことでしょう。
梛を鏡の裏のお守りとすることは、寛永の頃から享保の頃まで流行したようです。
(現地案内版)    
 
           
   伊豆の国市 歴史民俗資料館    富士山が見えるはずなのに・・・      

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ