旅 瀬戸内(たびせと)    日幡城跡ー高松城水攻めーGoogleMap
   
   
     
     
     
  日幡城跡ー高松城水攻めー      
  日幡城跡ー高松城水攻めー
中国地方の雄、毛利氏が、羽柴秀吉率いる織田軍との戦いに備え整備した防衛ライン「備中七城」(庭瀬城・松島城・日幡城・加茂城・高松城・冠山城・宮路山城)の一つ。
天正10(1582)年の織田軍の毛利攻めの際、秀吉軍の懐柔工作によって一旦は落城するが、毛利軍から派遣された軍監、上原元祐(元祐の妻は毛利元就の娘)の裏切りによる落城に怒った小早川隆景が猛反撃に出た為秀吉軍は城を開けて引き揚げたといわれている。
  
  広告      
   
       
   日幡城跡ー足守川よりー   備中高松城水攻め跡方面ー日幡城跡よりー    日幡城跡  
  日幡城跡ー足守川よりー
足守川は天然の要害であったが、水攻めに逆用されてしまった。
      日幡城跡
手前は日幡集落
 
 
           
   日幡集落    日幡城跡ー西側・手前の用水は堀切の役目?−      
        
       Home 兵庫県の旅へ 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 備中高松城水攻め跡へ