旅 瀬戸内(たびせと)

平安宮 内裏跡 GoogleMap
     
  平安宮 内裏跡
延暦13年(794)の平安京遷都とともに遷宮された内裏は、天皇や后たちの居住空間で平安宮(大内裏)の中心的な施設。
その構造は、陽明文庫(ようめいぶんこ)蔵の「内裏図」などによると、外郭築地(がいかくついじ)と内郭回廊(ないかくかいろう)の二重構造で厳重に区画され、内郭が東西57丈(約171m)、南北72丈(約216m)、外部築地は東西73丈(約219m)、南北100丈(約300m)の規模であった。
内部の南辺には紫宸殿(ししんでん)・仁寿殿(じじゅうでん)・承香殿(じょうきょうでん)・清涼殿(せいりょうでん)などハレの場があり、北辺には弘徽殿(こきでん)・飛香舎(ひぎょうしゃ)(藤壺)・淑景舎(しげいしゃ)(桐壺)といった七殿五舎からなる後宮が存在し、それぞれの建物は回廊や透渡廊(すきわたろう)で繋がり、雅な宮廷生活が繰り広げられ、「源氏物語」の中心舞台であった。
初焼亡は村上天皇の天徳4年(960)であるが、里内裏が用いられたのは16年後の二度目の火事の時であり、歴史から姿を消すのは安貞元年(1227)の焼亡である。
付近の発掘調査で確認されている主な遺構は、西側内郭回廊基壇西・東面跡と雨落溝跡、承明門(じょうめいもん)跡、外郭西面築地(ついじ)跡・蔵人町屋(くろうどまちや)東・南雨落溝跡、蘭林坊(らんりんぼう)の溝跡などがあり、古絵図や発掘調査により、内裏内の主要な建物の位置はほぼ地形図上に落とすことが可能となっている。
内裏跡では、内郭内郭回廊跡のほか主要な殿舎跡に説明板や石柱が設けられている。
                              平成20年3月   京都市
(現地案内板)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ 平安宮遺祉へ