旅 瀬戸内(たびせと)

       
      播磨国分寺ー黒田官兵衛ゆかりの地ー GoogleMap    
             
     
     播磨国分寺 山門  
     
  播磨国分寺 本堂      播磨国分寺 北門  
  播磨牛堂山国分寺黒田官兵衛ゆかりの地ー兵庫県姫路市御国野町国分寺
当山は弘法大師古義真言宗
推古帝の朝、聖徳太子の伽藍建立あり。
次いで天平13年(741)聖武天皇は疫病災害から守って平和な国造りを念願され国家鎮護に当山を以て播磨国の国分寺と定められし古刹なり。
”其の規模に就いては三野庄国分寺は牛寺とも伝ふ。
寺記に曰く南大門より奥院まで南北二里、東院西院の間、東西六十余町とす。
南大門跡は本寺より二十町南見野本郷の二階堂と伝ふ是なり。
奥院は八重畑の観音堂是也”と記す。
これを以って当時の盛観を窺知する。
然るに中世の兵乱に炎上し之の後次第に衰微せしも、寛永16年姫路城主松平忠明再建せられたのが現在の国分寺である。
牛は、聖武天皇の使者にて温順にして人類に貢献し野草を食するも病にかからず体力創建で平和の守り神である。
御祈祷
息災延命・家内安全・学業成就・交通安全・安産守護
なお大師さまに廻向せば取りもなおさず諸仏に廻向すると同様に功徳無尽なりと申されております。
 お大師さま
(現地案内板)
交通:JR御着駅から徒歩約7分   国指定史跡播磨国分寺跡ふるさと歴史の公園案内図
播磨国分寺と黒田官兵衛
上月城をの救援に行った羽柴秀吉軍の隙をついて、別所勢が姫路城を攻めようとしていたため、黒田官兵衛は国分寺にまで引き返して別所勢を撃退したと伝えられている。
 
     
         
             
         
   中門    書院    鐘楼  
         
   石碑 聖武天皇勅願所   播磨国分寺 南大門跡    史跡播磨国分寺跡   
  国指定史跡播磨国分寺跡
天平13年(741)、聖武天皇の詔により、国ごとに国分寺、尼寺の設置が決められました。
これは、仏法の加護により国家の平安を祈念したもので、播磨国分寺もその一つです。
往時には、2町四方の寺域に七重塔、金堂、講堂などの壮大な伽藍が立ち並び、国の華として大国播磨にふさわしい堂々たる寺観を誇っていたと思われます。
今回、ふるさと歴史の広場事業として、遺構の復元や模型展示を行い、歴史公園として整備したものです。(現地案内板)
        播磨国分寺伽藍配置図
 
     
         
  播磨国分寺塔跡    播磨国分寺南築地跡     播磨国分寺中門跡  
         
   播磨国分寺回廊跡    播磨国分寺燈籠跡   播磨国分寺跡正面   
         
   播磨国分寺金堂跡    播磨国分寺復元築地塀    築地基壇・落下瓦遺構復元模型  
  広告      
     
   
             

Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ