旅 瀬戸内(たびせと)

建長寺 半僧坊
   
     半僧坊 参道  
     
          
  建長寺 半僧坊縁起
建長寺半僧坊は、今から5代前の住職、霄(あおぞら)貫道老師がある夜、坊さんのような、又俗人とも思える白髪の老人と山中で出会い「私を関東のいずれかの清浄な所に招いて下さるなら、その所いよいよ栄え、ありがたい事がたえる事がない」と告げ、姿を消してしまった霊夢を見られました。
その姿こそ半僧坊の真姿で建長寺の鎮守に相応しいと早速住職自ら静岡県奥山広方寺に出向き御分身を願われ明治23年5月建長寺の内で最も景色の良い勝上嶽に安置され、直ちに勝上教会を作りお堂創建の許可を得て、折柄の好景気により、莫大な建築資金も信者の浄財で集まり、立ちどころに創建されました。
当時、信者分布は、一都二十数県、講社数百余社、信者数5万余人を数える盛況でありました。
ここ半僧坊は霊験あらたかで、家内安全、商運隆昌、厄災消除、安産守護、大漁祈願、交通安全、合格祈願等々の御利益はまことに尽大なものがあります。
                       大本山  建長寺
                           鎌倉半僧坊
(現地案内版)  
 
     
           
  半僧坊 地蔵堂(鎌倉二十四地蔵の一つ)     半僧坊 本堂    建長寺境内遠望ー半僧坊よりー  
         
  半僧坊から富士山方面(残念ながら今日は・・・)     半僧坊 参道    

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝による幕府創建の地鎌倉へ 建長寺へ