旅 瀬戸内(たびせと)    萩城跡・堀内    
   
  萩Top  萩城跡・堀内  萩城城下町 松本 浜崎  その他萩    
    広告   
         
  萩城内堀ー天守台よりー 指月山と天守台(左端)    
  萩城跡・堀内
慶長9(1604)年に毛利輝元が指月山山麓に築城した萩城(別名指月城)跡と三の丸にあたる堀内伝統的建造物群保存地区。
堀内地区は、毛利一門をはじめとする長州藩の上級武士の屋敷が建ち並んでいた所で、外堀によって城下町と隔てられており、出入口は、北総門、中総門、平安古総門の三ヶ所のみに限られていた。
 
  萩城跡
毛利輝元が指月山(標高143m)山麓に慶長9(1604)年に着手し4年後の同13(1608)年に完成させたもので山麓の平城と頂上の山城とを併せた平山城。
以後12代259年間にわたってこの地で防長両国政治の中心としてまた明治維新の拠点として重要な役割を果してきたが文久3(1863)年4月13代敬親の時山口に移り、明治7(1874)年建物のすべてが解体された。
(現地案内板参考)
   
     
  二の丸大手の南門(大手門) 毛利輝元像    
  二の丸大手の南門(大手門)
萩史料館から萩城跡(指月公園)に入る道筋となっている。
入り口付近に毛利輝元の像が建てられている。
毛利輝元
天文22(1553)年毛利隆元の長男として安芸国吉田郡山城(広島県安芸高田市)に生まれた。
戦国時代中国地方の覇者となった毛利元就の孫にあたる。
永禄6(1563)年父隆元の死去にともない家督を継ぎ、祖父元就の手によって養育された。
  織田信長や豊臣秀吉と覇を競い、中国地方8か国112万石を領有する大大名に成長し、天正17(1589)年広島に居城を築いた。
豊臣政権下では五大老の一人となり権勢を誇ったが、慶長5(1600)年関ヶ原の戦いで敗れ、周防・長門2か国36万9千石に削封された。
慶長9(1604)年、居城を萩に選定し、同年11月11日、萩城に入城した。
萩開府にあたって、城下町の建設を推し進めるとともに、萩藩経営の安定に腐心した。
寛永2(1625)年73歳で没し、萩城三の丸(堀内)の天樹院に葬られた。
      平成16年11月萩市
(現地案内板)
   
     
  二の丸東側の銃眼土塀(復元) 萩城天守台      
   
    広告    
     
   
       
  志都岐山神社 詰丸跡への登山路      
  志都岐山神社
旧県社。祭神は、毛利元就・毛利隆元・毛利輝元・毛利敬親・毛利元徳。明治11(1878)年、萩町及び付近の有志が発起し、広く毛利家にゆかりのあるものの賛同を得て、萩城跡本丸内に山口の豊栄(祭神毛利元就)・野田(祭神毛利敬親)両神社の遥拝所を創建した。
翌12年、この遥拝所を山口にある両神社の分社とし、指月神社と称した。同15年県社に列せられ、志都岐山神社と改められた。
同33年、祭神を元就・隆元・輝元・敬親・元徳の5社とし、初代から12代まで萩藩主を配祀した。
          
現地案内板
詰丸跡(国指定史跡萩城跡の一部)
萩城は、山の名をとって指月城とも呼ばれ、ふもとの平城にあわせ山頂に詰丸を設け、せまいながら本丸・二の丸を置いて陸と海とを監視するため、矢倉数箇所・天水溜二箇所などをもつ望楼であった。
昭和41年度に山口県の補助をうけ、市民の憩いの場として整備された。
登山道約730m、所要時間約20分で詰丸跡に達する。
    萩市教育委員会
(現地案内板)
     
       
  指月山(天守台より) 旧福原家書院      
  指月山(国指定天然記念物)
今から約300年前からお城山と呼ばれていたこの指月山城は、犯しがたいものとして人手を加えられないままに、樹木は成長し現在ではうっそうと大木は茂り、美しい森林となっている。
シイ・タブノキなどの常緑かつ葉樹が最も多く、落葉樹もまじり、ふもとの海岸には黒松林があって、この附近ではめずらしい原生林である。
指月山のミカドアゲハ(萩市指定文化財)
ミカドアゲハは南方系の蝶であって指月山では昭和33年にはじめて発見された。
現在わが国7における本種分布の北限地である。
       萩市教育委員会
(現地案内板)
  旧福原家書院(萩市指定有形文化財)
昭和42年12月25日指定
福原家は厚狭郡宇部(宇部市)に給領地(11,314石余)を持つ萩藩の永代家老として代々仕えてきた。
この建物は三の丸(堀内)にあった萩屋敷内の書院で、明治15(1882)年に現在地に移築した。
屋根は寄棟造り桟瓦葺き、桁行10.57m、梁間7.1mで北面に桟瓦葺きの庇をつけている。
内部は上段10畳の桜の間と下段10畳の紅葉の間の二つの部分とし、典型的な書院造りとなっている。
建築年代は天明年間(1781〜1788)ごろと思われるが、当時の重臣の住居を知るうえで貴重な建物である。
   萩市教育委員会(現地案内板)
     
   広告     
     
   
       
  梨羽家茶室 花江茶亭      
  梨羽家(なしばけ)茶室(煤払いの茶室)
東郊、中津江にあった萩藩寄組士梨羽家(三千三百石)の別邸茶室で、年末の城内煤払いの際、藩主が一時ここに休憩したことからこの名がある。
茶室としても江戸時代中期の花月楼形式の優れたものである。


花江(はなのえ)茶亭(萩市指定文化財)
花江茶亭は、安政の始め(1854年ごろ)萩藩13代藩主毛利敬親(たかちか)が花江御殿(川手御殿・常盤江御殿)内に造った茶室である。
幕末の多事多難の折、この茶室で藩主や家臣たちと茶事に託して、格式を捨てて時勢を論じ国事を画策したといわれる。
維新後、花江御殿は長屋氏に譲渡されたが、明治22年ごろ品川弥二郎らが主唱して茶室を買取り、指月公園内の現在地に移築した。
茶亭は入母屋造、茅葺き平屋建て、桁行6.95m、梁間3.38mで、本床と脇床が付いた六畳(内一畳半は板の間)の茶室と三畳の水屋からなっている。
移築の際湯殿と便所は取除かれ、瓦葺きの平屋一棟が控の間として増築された。
     萩市教育委員会
(現地案内板)
     
       
   東園    旧厚狭毛利家萩屋敷長屋      
  東園(とうえん)
東園は、萩城本丸の東北方向に位置し、二の丸内につくられた回遊式の庭園で、池の側には御茶屋もあった。
萩藩の儒者山県周南(やまがたしゅうなん)が著した「東園記」によると、6代藩主毛利宗広(1717〜1751)の時に、この地に古くからあった池を浚渫し、庭をつくって東園と成し、高い館を建てて園を総覧できるようにしたとある。
そして、7代藩主毛利重就(1725〜1789)が家督を継いだ時も、旧に従いこの地を遊息の地とし、庭内の各所に六景二十勝の名称をつけ、その景観を装飾したという。
なお、東園と名づけて整備される以前にも、この地には御花畠と称した庭園があり、御茶室も建てられていた。 萩市
(現地案内板)
  旧厚狭毛利家萩屋敷長屋
(国指定重要文化財)昭和41年6月11日指定
厚狭毛利家は、毛利元就の5男元秋を始祖とする毛利一門で、厚狭郡厚狭(現山陽小野田市)に知行地(8,370石余)を持っていたのでこのように呼ばれた。
萩の屋敷は萩城大手門の南100mの要地に位置し、面積約15,500uの広大なものであった。
棟札によるとこの長屋は10代元美の時、安政3(1856)年に建てられたもので、桁行51.4m、梁間5.0mの長大な構造で、現在萩に残っている武家屋敷の中で最も大きい。
屋根は入母屋造、本瓦葺、南面は庇構桟瓦葺で、妻飾りは木連格子、南に向かって玄関および濡れ縁を設け、障子を立てて開放的に作られている。
手法の特に目立つものはないが、建築年代がはっきりした貴重な建物である。萩市
(現地案内板)
     
         
   萩史料館   口羽家住宅       
  萩史料館
TEL0838-25-2132
〒758-0057 山口県萩市堀内83
藩政時代を中心に維新の町萩の歴史文化資料を展示。二の丸南門入口、萩城跡駐車場のすぐ横にある。
入館料ー大人500円 高校・大学生300円
小学・中学生200円
団体(20名以上)大人400円 高校・大学生200円 小学・中学生100円
開館時間ー3月〜11月9:00〜17:00
12月〜2月9:00〜16:30
休館日ー毎週火曜日
 
口羽家住宅(国指定重要文化財)
昭和49年5月21日指定
萩市大字堀内
口羽家(くちばけ)は、萩藩の寄組士(1,018石余)で代々萩城三の丸に住んだ。
大身(だいしん)の武士の居住地区であった堀内地区に現在も旧藩時代をそのままの姿をとどめている。
表門は萩に現存するものでは最大の長屋門で、片潜門の左に門番所を設けている。
また主屋は東面切妻造り、西面入母屋造り桟瓦葺きで東面に入母屋造りの突出部を設けた形式からなっている。
こうした門と住宅がセットで残っているのは珍しく、武家屋敷の一遺例として価値がある。
建築年代はいずれも18世紀後半から19世紀初めのものと思われる。萩市
(現地案内板)
     
         
   堀内鍵曲    旧児玉家長屋門      
  堀内鍵曲(ほりうちかいまがり)
「鍵曲(かいまがり)」は、敵の侵入や攻撃に備えるため、左右が高い土塀で囲まれた、見通しのきかない鍵手形(かぎのてがた)の道路である。
藩政時代、このあたりは重臣たちの邸宅が立ち並んでいたが、明治時代以後、ほとんどが解体され、夏みかんの畑になった。
なお、この堀内(ほりうち)地区では、平安古(ひやこ)地区とともに、国の「重要伝統的建造物保存地区」に選定されている。萩市
(現地案内板)
  旧児玉家長屋
萩城三の丸の平安古総門に隣接していた児玉家は、萩藩寄組に属し2243石余の大身武士であった。
幕末の萩城下町絵図によると同家の表門は平安古総門に面して南向きであったとみられ、この長屋は屋敷の西側道路に沿って建てられたものである。
建物は木造平屋建て、桁行32.67m、梁間4.59m、屋根は桟瓦葺きで、入母屋造り、道路沿いの外廻り壁は白壁、腰はなまこ壁とし、出格子を一ヶ所設けている。
国選定重要伝統的建造物保存地区内に含まれ、よく旧態を保っている。萩市
(現地案内板) 
     
         
   平安橋    北の総門      
  平安橋(へいあんばし)(萩市指定有形文化財)
昭和37年1月11日指定
この橋は、萩城三の丸の三ヶ所の総門(北・中・平安古)一つである平安古の総門前の外堀に架けられ、城下町から三の丸への通路の一つであった。
慶安5(1652)年の萩城下町絵図には木橋として描かれているが、城下の新堀川に架かっている石橋がいずれも明和年間(1764〜1771)に構築されているところから、同時期に石造りに架け換えられたものと思われる。
橋の材質は玄武岩で造られており、吊り桁・定着桁を備えたゲルバー桁橋の構造を持った無橋脚の珍しい橋である。橋桁6.04m、幅3.95m、堀底からの高さ2.5mである。萩市
(現地案内板)
  北の総門
萩城三の丸(堀内)の東側に当たる出入口。
総門としては、ほかに中ノ総門・平安古の総門があり、この門は他の門の北に位置して北の総門と称し萩城外堀を隔てて城下町に隣接した門番所があって、暮れの六ツ時(日の入り)から明け六ツ(日の出)まで門を閉め、夜中は人も荷も手形を有する者に限り通行が許された。萩市
(現地案内板)
     
         
   中の総門    萩博物館      
  中の総門
萩城三の丸(堀内)の東側に当たる出入口。
総門としてはこのほかに北の総門・平安古の総門がある。
この門は他の門の中間に位置して中の総門と称した。
三の丸の表玄関ともいえる。
また藩主が公式に通行する「御成道」(本街道)に沿い、萩城外堀を隔てて城下町に隣接した。
門番所があって暮の六ツ時(日の入り)から明け六ツ時(日の出)まで門を閉め、夜中は人も荷物も手形を所持する者に限り通行が許された。
西側には大馬場と呼ばれる大広場が南北に通じていた。
また萩城から中の総門までの道幅は五間(九メートル)もあった。
(現地案内板)
  萩博物館
TEL0838-25-6447
〒758-0057 山口県萩市堀内355
萩を特徴づける自然・城下町・明治維新を主テーマに実物資料・模型・レプリカ・映像などで展示紹介
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:年中無休(年に1日臨時休館日あり)
入館料:大人510円、高校・大学生310円、
小・中学生100円
団体割引(20名以上の団体)大人410円、高校・大学生240円、小・中学生80円
障害者割引20%引
 
   
       Home 山口県の旅 萩の旅