旅 瀬戸内(たびせと)

       
      御着城址ー黒田官兵衛ゆかりの地ーGoogleMap    
  スマートフォンで表示           
     
    目薬の木   
     
    御着城址ー前方の建物は市役所東出張所・御国野公民館ー   黒田官兵衛顕彰碑   
  御着城跡黒田官兵衛ゆかりの地
御着城は茶臼山城・天川城とも呼ばれ、播磨の守護赤松氏の家臣小寺氏の居城。
永正16年(1519)小寺政隆が築城、則職、政職と承継され天正6年(1578)か7年に羽柴秀吉の播磨侵攻で滅亡されたとされるが、嘉吉年間(1441〜44)にはすでに構居が設けられていたとされ、明応年間(1492〜1501)には赤松氏の播磨支配の拠点として守護所の機能をもつ城郭として機能していた。
昭和52〜54年の発掘調査で、御着城が14世紀後半から16世紀後半まで存続し、16世紀半ばに大・中型の堀や土塁が築かれ本格的な縄張りが行なわれた事が判明。
中世の人びとの生活に深くかかわる土器・陶磁器・木製品・石製品の遺物も検出された。
宝暦5年(1755)の「播州飾東郡東御野庄御着茶臼山城地絵図」には城の中核に本丸と二ノ丸、西と南は天川を利用した二重の堀、北と東は四重の堀、外郭部に家中屋敷や町家の記載があり、惣構えの城が描かれている。
        平成13年3月
           姫路市教育委員会
(現地案内板)       御着城跡案内図
現在、御着城跡の中央を東西に国道二号線が走り、本丸跡に姫路市役所東出張所・御着城公園・御国野公民館がある。
 
     広告  
     
         
  天川城址碑    小寺大明神    五輪塔と石仏   
  天川城址 小寺城主之奥都城(おくつき)と歌碑
「しづかなる 姿のままにふるさとの 山川みえて かにかくうれし 政隆」
  小寺大明神
この地は、永正16年(1519)に小寺政隆が築城したといわれる御着城の本丸跡に位置している。
小寺大明神は、宝暦5年(1755)の「播州飾東郡府東御野庄御着茶臼山城地絵図」に「今此所ニ小寺殿社アリ」と注記されており、社には御着城の城主であった小寺一族と御着城に関係する人々をお祀りしている。
            姫路市教育委員会
(現地案内板) 
  御着城址 五輪塔と石仏
この五輪塔&石仏は旧御国野小学校々庭を発掘調査した時に出土したものを復元したものです。
昔御着城があった時、豊臣秀吉の軍と戦い戦死した御霊の菩提を弔うために建てたものと思います。
       平成元年7月吉日
(現地碑文)
折角の遺跡が見え難い。
今度改修する時には、金網など中が良く見える物で保護するようにお願い。
 
 
         
   黒田家廟所    旧国道2号線    運動公園も御着城址ー伝二ノ丸跡ー  
  黒田家廟所ー黒田官兵衛ゆかりの地ー 
兵庫県姫路市御国野町御着1150−3
ここの墓所には、黒田孝高(よしたか)(官兵衛のち如水)の祖父・重隆(しげたか)と生母(明石氏)の二人がまつっている。
黒田家は御着城主小寺家の家老となり、重隆の時から姫路城を守って姫路城主となった。
姫路城主は子の職隆(もとたか)、孫の孝高と継いだが、1580(天正8)年秀吉の播磨平定の時、孝高は姫路城を秀吉に譲り、父職隆と自分は国府山城(妻鹿)に移った。
職隆の墓所は妻鹿にある。
のちに黒田家は筑前福岡の城主となったので、どちらの墓所も地元では「チクゼンサン」と呼んでいる。
ここの墓所は、1802(享和2)年に資材を九州から運んできて造られた。
廟屋を持つ立派なもので、周りの龍山石の石塀から内部は、昭和56年に姫路市指定史跡となっている。
平成25年3月 姫路市教育委員会 
姫路市文化財保護協会
(現地案内板)
  御着城址は旧国道2号線によって二つに分断されている。       

Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 兵庫県の旅へ