旅 瀬戸内(たびせと)

京都御所 紫宸殿
     
  紫宸殿(ししんでん)
即位礼などの重要な儀式を執り行う最も格式が高い正殿である。大正天皇、昭和天皇の即位式もここで行われた。
向かって右側に「左近の桜」、左側に「右近の橘」がある。前面の白砂の庭は南庭と呼ばれ、儀式の場所としても使われた。
(現地案内板) 
「右近の橘」付近には、工事用のクレーンが置かれていたのであえて外して撮影した。
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 京都御所へ