旅 瀬戸内(たびせと)

四国78番札所 仏光山(ぶっこうざん) 広徳院(こうとくいん) 郷照寺(ごうしょうじ)
四国78番札所 仏光山 広徳院 郷照寺 GoogleMap
略縁起

宇多津港を見渡す高台にあり、「厄除うたず大師」として信仰を集めている郷照寺は奈良時代神亀2年(725)に行基菩薩により開基し「道場寺」と称しました。
弘仁6年(815)にはこの地を弘法大師が訪れ自作の尊像を刻み厄除けの請願をなされ密教の聖地として栄えました。
のち、時宗の元祖一遍上人が全国遊行の折に逗留され浄土の教えを広め、多くの民衆の帰依を受けました。この時出来た法縁にてこの寺は真言宗と時宗の両宗にわたる寺として四国札所中唯一の霊場となりました。
室町時代には守護大名(細川家)の庇護も得て大いに栄えたが元亀天正の兵火により堂塔伽藍を焼失、寛文4年(1664)に再興されました。
その時の住持浄阿上人と徳川家遠祖の関係により時宗に属し、江戸時代は松平藩により本堂や客殿「観海楼」などが建築され手厚く保護されました。
今日は「厄除けの寺」として又、宗旨宗派を超えた寺として広く信仰を集めています。
季節の花
さくら つつじ さつき
年中行事
正月会(正月は厄除け祈願の人々が全国より参拝し大変賑わいます。) 節分会 春秋彼岸会  お盆施餓鬼会
お寺の見所
池泉回遊式の庭園
樹齢400年で県指定自然保存物の日本一大きなホルトの木
地下洞の万体観音
札所で唯一瀬戸大橋が眺望できます。
(現地案内板)
                                                        


                                                                    郷照寺境内案内図 郷照寺周辺案内図
郷照寺 本堂 本坊 庭園
本坊 大師堂 郷照寺 本堂
郷照寺ホームページ   香川県綾歌郡宇多津町1435 TEL0877-49-0710

香川県の瀬戸内海沿岸地域・諸島へ戻る Home