旅 瀬戸内(たびせと)

護王(ごおう)神社 GoogleMap
     
神門
護王神社 本殿  拝殿
護王神社(ごおうじんじゃ)
桓武天皇に遷都を進言し平安京の都造りを推し進めた和気清麻呂(わけのきよまろ)とその姉広虫(ひろむし)を祭神とする神社。
もとは神護寺境内にあったが明治19年(1886)この地に移された。
広虫が慈悲深く、京中の孤児を養育したことにより子育て明神と呼ばれ育児の神として信仰される。
拝殿の前に狛犬(こまいぬ)のかわりに猪像があるが、これは清麻呂を猪が守護したという故事にちなむ。
11月1日に亥子(いのこ)祭がある。
                    京都市
(現地案内板)

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ