旅 瀬戸内(たびせと)

願成就院 GoogleMap
     
     本堂  
     
  願成就院      大御堂  
  願成就院略縁起
当山は、山号を天守君山と称し、阿弥陀如来を本尊とする高野山真言宗の寺である。
創建は、鎌倉時代初頭の文治5年(1189)に遡る。
この地で源氏再興の旗揚げをし、鎌倉幕府を開いた源頼朝公の奥州藤原氏征伐の戦勝を祈願して、幕府初代執権北條時政公が建立し「願成就院」と称したことに始まる。
幕府の事跡を伝える「吾妻鏡」には、時政公が大御堂と南塔を建立し、二代執権北條義時公が亡父時政公の供養として南新御堂を建立、三代執権北條泰時公が北條御堂と北塔を建立したことが記されており、堂塔伽藍の営作は北條氏三代にわたる。
貞應元年(1222)には、「定額寺」(官寺)とする宣旨が朝廷より下されており、この地に、守山を借景として、中之島のある池を配した「浄土様式」の壮大な寺院が、北條氏の氏寺として造営されていたのである。
数回の発掘調査でその遺構が概ね明らかになり、昭和48年、境内を中心に周辺一部地域を含めて「願成就院跡」として国指定史跡となる。
鎌倉時代の伽藍は、15世紀末、伊勢新九郎長氏(後の北條早雲)の堀越御所(北條時政館跡)攻めの兵火で消失するが、創建時に祀られた大仏師運慶謹作の五仏を中心とする七体の仏像と仏像胎内造像銘札四枚は、奇跡的にも今日に伝えられており、この尊き御仏像を拝観すると、幕府最大の権力者北條氏とこの寺の盛時を偲ぶことができよう。
本尊阿弥陀如来・不動明王・矜羯羅童子(こんがらどうじ)・制咤迦童子(せいたかどうじ)・毘沙門天の五体の仏様は、文治2(1186)の造像で、運慶三十代半ばの謹作、日本彫刻史上運慶様式の成立を考える上で大きな意義を有する尊像とされ、造像銘札四枚と共に重要文化財の指定を受ける。
本堂(茅葺き御堂)本尊阿弥陀如来、宝物館に祀る北條政子尼七回忌供養地蔵菩薩両像も、十三世紀前期の慶派正統仏師による秀作とされ、県指定文化財である。
境内には、北條時政公と足利茶々丸公(堀越御所二代公方)の墓所があり、良公の菩提寺である。
                               天守君山 願成就院山主
(現地案内石碑)
 
         
   国指定史跡 願成就院跡    北條時政公御墓   願成就院(旗挙不動尊)参道   
  国指定史跡 願成就院
この付近一帯を願成就院跡という。
吾妻鏡によると、文治五年(1189)6月6日「北条殿(時政)御願として、奥州征伐のことを祈らんがため、北条(この付近の地名)のうちに伽藍の営作を企てらる。」との記載があって、源頼朝による奥州藤原氏攻めの成功を祈願して、北条時政が建立した寺院であり、
その後同寺院建立に関して文治5年7月18日及び同年11月24日の2回吾妻鏡に関連記事がみえ、その内容から推して、鎌倉初期に創建された北条氏の氏寺であるとおもわれる。
創建の当初から、七堂伽藍に池を配した壮大な寺院だったが、その後更に義時が南新御堂を、また泰時が北条御堂と北の塔を建立した。
延徳3年(1491)伊勢新九郎(早雲)による足利茶々丸攻めの際、寺のほとんどが消失したといわれるが、僅かに時政の命により、文治2年(1186)5月、運慶(当時33歳)が建立した仏像(重文指定五躯)だけが現願成就院に伝わり、鎌倉幕府の中心権力であった北条氏のおもかげを偲ぶことができる。
昭和44年以降数次にわたる発掘調査の結果、現在地は、承元2年(1207)北条時政により建立された「南塔」の遺構と推定されている。
                                        文部省
                                        韮山町教育委員会
(現地案内版)
 
           

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ