旅 瀬戸内(たびせと)

船隠し GoogleMap
       
       
       
   船隠し    庵治港・船隠し  
  船隠し
寿永2年(1183)の7月、木曽義仲の軍に敗れた平家は、幼帝安徳天皇を奉じてここ屋島周辺に陣を敷き勢力の回復をはかろうとしました。そして、平家はこの浦はもちろんのこと久通丸山・庵治の本浦・鎌野・大島・かぶと島など庵治浦全体を兵船の船だまりとして、海上からの源氏の攻撃にそなえたと伝えられています。特にこの浦は、南の小山のかげになり屋島の本営から見えないところから「船隠し」の地名が残っています。
 

船隠し・城岬公園へ戻る Home 香川県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅 屋島へ戻る 源平屋島合戦古戦場跡へ