旅 瀬戸内(たびせと)    福岡城 表御門跡    
   
     
     
     
  福岡城 表御門跡      
  福岡城 本丸(表御門跡・祈念櫓)
二の丸から表御門跡を抜けると、いよいよ福岡城の中枢である本丸となります。
表御門は大正7(1918)年に、黒田家の菩提寺である崇福寺(博多区千代)に移築され、現在まで同寺の山門として使用されています。
また、本丸の東北方向(鬼門)の角には、祈念櫓があります。
これは鬼門封じの祈念をするために建立されたもので、棟札によると万延元(1860)年3月に起工、同年10月に竣工したものです。
この櫓は、大正7(1918)年に、陸軍省から払い下げられ、北九州市八幡東区の大正寺境内に移築、観音堂として使用されました。
そして昭和58(1983)年、同寺より福岡城の旧位置に戻された経緯があります。
大正初期の撮影と推定される写真の祈念櫓をみると下見板張り、白漆喰の壁、軒先を方杖と軒桁で支える二層の櫓となっており、復元された現在の祈念櫓とは著しく外観が異なっており、別の櫓かと思われる程ですが、福岡城から大正寺に移築された際に大幅な改変を受けたと考えられています。
1、2階の窓格子は白漆喰塗り仕上げで当時の様子をとどめています。
福岡城の特徴として、47ともいわれる多数の櫓があったことが挙げられますが、現存しているのは本櫓のほか、国指定史跡の多門櫓や潮見櫓など数えるほどとなっています。
(現地案内板)
 
  広告      
   
      Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 福岡ー福岡城・福岡城下町ーへ 福岡城跡へ