旅 瀬戸内(たびせと)    福岡城 二の丸跡    
   
     
     
     
  福岡城 二の丸跡      
  福岡城 二の丸跡(二の丸御殿・水の手・おつ綱門)
福岡城の二の丸は、大きく「二の丸」、「東二の丸」、「南二の丸」に分かれ現在地は東二の丸にあたります。
現在は運動場「ラグビー場」になっている北側まで石垣があって、「二の丸御殿」が建っていたようです。
その南側は貯水池となる「水の手」でした。
「東二の丸」から扇坂を抜けると、現在は梅の名所として知られる「二の丸」へつ続きます。
この扇坂の近辺に「お綱門」と呼ばれる門がありました。
(扇坂御門か東御門か異なる門であるかは諸説あります)。
柱に触れただけで熱病に冒(おか)されたり、夜中にうなされたりするといわれたその門には、恐ろしくも哀れな話が語り伝えられています。

寛永の頃、福岡藩二代藩主 黒田忠之は参勤交代の帰りに大阪で遊び、采女(うねめ)とうい芸者を連れ帰りました。
しかし、家老にいさめられて、お側役の浅野四郎左衛門に預けることに。
浅野はお綱という妻と幼い2人の子供がいましたが、采女にこころを奪われた浅野は、妻子を顧みなくなってしまいました。
簀子(すのこ)町の本宅に采女を住まわせ、お綱と子どもたちを箱崎の下屋敷に別居させて、はじめはしていた月々の仕送りもだんだんとしなくなりました。
貧しい生活にやきもきしたお綱は「せめて娘の4歳のひな祭りには何か支度を」と本宅に下男を送ります。
ところが、出てきた采女にけんもほろろに追い返され、下男はお綱に申し訳ないと思い、箱崎松原で自害しました。
これを知って、お綱は狂乱します。
2人の愛児を刺し殺し、なぎなたを携え浅野家に走りますが、夫は登城していて留守。
逆に屋敷にいた浪人の明石彦五郎に切りつけられてしまいました。
それでもせめて一太刀と、お綱は髪を振り乱し、血に染まった体をなぎなたで支えながら、夫のいるお城へ。
しかし、城門にたどり着くと同時に、門に手をかけたまま息途絶えたといいます。

この門がお綱門と呼ばれ、後に、浅野の本宅跡に建てられた長宮院(ちょうぐういん)に移されました。
当院は福岡大空襲で焼失し、その跡地は現在、家庭裁判所になっています。
(現地案内板)
 
  広告      
   
         
  福岡城 二の丸跡    福岡城 二の丸跡     福岡城 二の丸跡から表御門跡  
      Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 福岡ー福岡城・福岡城下町ーへ 福岡城跡へ