旅 瀬戸内(たびせと)

箙(えびら)の梅
     
箙(えびら)の梅と子日庵一草の句碑 子日庵一草の句碑
  謡曲「箙(えびら)」と梶原景季
謡曲「箙」は、梶原景季が箙に梅をさして奮戦した様を描いた勝修羅物である。
源平盛衰記には、源平一の谷合戦の時、梶原景時、景季父子は生田森で平家方の多勢に囲まれて奮戦した時の様子を
「中にも景季は、心の剛も人に勝り、数寄たる道も優なりけり。
咲き乱れたる梅が枝を箙(矢をさし入れて背中に負う武具)に副へてぞ挿したりける。
かかれば花は散りけれども匂いは袖にぞ残るらん。
”吹く風を何いといけむ梅の花、散り来る時ぞ香はまさりけり”
という古き言までも思い出でければ平家の公達は花箙とて優なり、やさしさと口々にぞ感じ給いける」
と称賛の言葉で現わしている。
戦場の凄まじさ、殺伐さの中に、風流な香をただよわせて、何んとも表現のし難い風情である。
             謡曲史跡保存会
(現地案内板より)
 

Home 兵庫県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩くへ 福原京と源平一の谷合戦古戦場へ