旅 瀬戸内(たびせと)

道後温泉 湯釜
     
  石造(せきぞう) 湯釜(ゆがま) 愛媛県指定有形文化財(建造物) 昭和29年11月24日指定
湯釜は、浴槽内の温泉の湧出口に設置するもので、これは現在の道後温泉本館ができた明治27(1894)年まで使用されていたものである。
直径166.7cm、高さ157.6cm、花崗岩製である。奈良時代の天平勝宝年間(749〜757)につくられたと伝えられる。
湯釜上部に置かれた宝珠の「南無阿弥陀仏」の六字名号は、河野通有の依頼により一遍上人が刻んだものといわれている。
湯釜本体に刻まれた温泉の効験に関する文は、天徳寺の徳応禅師の撰文になるもので、享禄4(1531)年、河野通有が石工を尾道から招いて刻ませたものである。
        松山市 松山市教育委員会
(現地案内板より) 

湯釜は、道後公園を子規記念博物館方面に下ったところにある。
 

Home 愛媛県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ 道後温泉へ