旅 瀬戸内(たびせと)

玉の石
     
  玉の石 御湯かけ祈願
玉の石は大国主命(おおくにぬしのみこと)と少彦名命(すくなひこのみこと)の逸話にありますように、道後温泉の零妙不可思議な効力の象徴であります。
道後温泉の御湯をかけながら「病気平癒」「縁結び」「商売繁盛」等の願い事を唱え、二礼二拍手一礼の拝礼をされることにより、必ずや神様にその意が通じるものと存じます。
    道後温泉本館
(現地案内板より)

伊予の湯の汀(みぎわ)にたてる霊の石 これそ神代のしるし成ける 古歌
玉の石の由来は「伊予風土記」逸文に見られるが、玉の石を歌ったこの古歌は、本県と中央の俳壇をむすぶ最古の書「白水郎子紀行(あまのこのすさび)」(岡西惟中(いちゅう)1639〜1711)に見える。
汀は温泉の水際のことである。岡西惟中は鳥取の人、西山宗因に師事した談林派俳諧の論客。
      松山市教育委員会  俳句の里 道後コースF番
(現地案内板より)
 

Home 愛媛県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ 道後温泉へ