旅 瀬戸内(たびせと)

壇ノ浦 GoogleMap
     
     御裳川橋  
     
  義経の八艘跳び・碇を背負った平知盛      みもすそがわ公園  
  日本史の節目を刻む関門海峡
西へ東へと一日に4回、その流れの向きをかえる関門海峡。
せまい所では、両岸の幅は700メートルあまりで、潮流の速度は最高で約10ノット(時速18q)にもなります。
また、瀬戸内海の入口に位置する地理的条件から、昔も今も交通の要衝で、日本の歴史の節目を刻む舞台となっています。
寿永4年(1185)3月24日、平知盛(とももり)を大将にした平家と、源義経(よしつね)ひきいる源氏がこの壇之浦を舞台に合戦をしました。
当初は平家が優勢でしたが、潮の流れが西向きに変わり始めると源氏が勢いを盛り返し、平家は追い詰められました。
最期(さいご)を覚悟した知盛が、その旨を一門に伝えると、二位(にい)の尼(あま)は当時数え八歳の安徳天皇を抱いて入水(じゅすい)。
知盛も後を追って海峡に身を投じ、平家一門は滅亡。日本の政治は貴族から幕府による武家政治へと移行していきました。
なお、この戦いにおいて義経は平教経(のりつね)の攻撃を船から船へと飛び移ってかわし、いわゆる「八艘跳び」を見せたといわれています。
    
 
           
   御裳川碑    長州砲   関門海峡・関門橋・和布刈公園  

Home 兵庫県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源平壇ノ浦合戦の地関門海峡へ