旅 瀬戸内(たびせと)    別府 地獄めぐり GoogleMap    
   
 
  別府地獄めぐり 別府地獄めぐり 海地獄 別府地獄めぐり 鬼坊主地獄  
  別府地獄めぐり 別府地獄組合
TEL0977-66-1577
〒874-0045 大分県別府市鉄輪559−1
鉄輪から亀川にかけての地域は、地熱活動が活発で千年以上の昔から噴気・熱湯・熱泥・などが噴出しており、近寄ることもできない忌み嫌われた土地であったといわれている。
そんなことから人々からは地獄と呼ばれるようになった。
これらのうちから代表的な地獄を8つ選び「別府地獄めぐり」として案内している。
中でも、海地獄・白池地獄・血の池地獄・龍巻地獄は優れた景勝地として国指定の名勝に選ばれている。
営業時間:8:00〜17:00
  海地獄ー別府地獄めぐりー
大分県別府市鉄輪559−1
コバルトブルーの美しい池から湯気が!湯気は立っているが、あまりにも池面は静かで美しくついつい手を浸けたくなる。
しかし、その温度は98℃もあるのだ。
今から1200年程前に鶴見岳の爆発によって出来たといわれ、毎時6万リットル余りも湧出しているとか。
この鮮やかな青色は硫酸鉄が溶けてできている。
棹の先に竹かごがぶら下がっているのは温泉卵を茹でているところ。
地獄蒸し焼きプリンが大人気!
隣接した池や敷地内の温室では、この温泉熱を利用してアマゾン原産のオオオニバスや熱帯性睡蓮が栽培されている。
  鬼石坊主地獄ー別府地獄めぐりー
大分県別府市鉄輪559−1
灰色の池に、次々とまるで坊主頭のように熱泥が湧き出してきている。
出てきた坊主頭形の熱泥はすぐに壊れてしまうので、きれいな坊主頭を写真に残すには、シャッターチャンスが難しい。
地獄内には、無料の足湯が。また隣には別途有料の「鬼石の湯」がある。
 
 
  広告      
     
     
   別府地獄めぐり 山地獄 別府地獄めぐり かまど地獄    別府地獄めぐり 鬼山地獄  
  山地獄ー別府地獄めぐりー
別府市鉄輪926
山の中腹にある岩の間から水蒸気が吹き上がっている。
園内では、この水蒸気の熱を利用してカバやフラミンゴが飼育されている。
  かまど地獄ー別府地獄めぐりー
別府市鉄輪662
竈門八幡宮の大祭で、温泉からの噴気を使って御供飯を炊いたことからこの名が付いたとか。
かまど地獄では、一丁目とか二丁目の表示がされて、そこには湧出する温泉の温度が記載されている。
かまど地獄とあるから竈のような噴気孔から蒸気が噴き出しているのかと思ってたのだがそレだけではなく、血の池地獄や海地獄を思わせる所も。
ここではさまざまの地獄を楽しむことが出来る。
  鬼山地獄ー別府地獄めぐりー
別府市鉄輪623−4
鬼山の名からくるイメージとは違って、あたりいちめんに湯気の立つ青い水(いや99.1℃の熱湯)を湛えた池。
鬼山の名はどうも地名からきているらしい。
この温泉熱を利用してたくさんのワニの飼育がおこなわれている。
ねそべったまま長期間びくともしないワニを見ているのも面白い。世界一の大鰐、「イチロウ」ワニのはく製も!
 
 
     
  別府地獄めぐり 白池地獄   別府地獄めぐり 血の池地獄    別府地獄めぐり 龍巻地獄  
  白池地獄ー別府地獄めぐりー
別府市鉄輪283−1
真っ白な蒸気とともに無色透明な95℃の熱湯(温泉)が噴き出しているらしい。
目に見えるのは白い蒸気と青白く変色した池、噴出した温泉が時間とともに温度と圧力の低下でこのような色に変色するとのこと。
静かで、手入れされた庭の緑との調和が素晴しく、池畔のベンチでゆっくりと休憩するには最適。
園内では、この温泉熱を利用して、アマゾンの人喰魚ピラニアや大王魚ピラクルなどさまざまの熱帯魚が飼育されている。
泉質:含ホウ酸食塩泉
  血の池地獄ー別府地獄めぐりー
別府市野田778
「豊後風土記」や「万葉集」に「赤温泉」として記されている日本で最古の天然地獄。
鉄分やマグネシウム分を含んだ粘土が熱湯とともに噴出し酸化されて朱色に染まっている。
昭和2(1927)年9月2日午後4時30分には、高さ220mにまで達する大爆発を起こしたことを記した標柱が掲げられている。
  龍巻地獄ー別府地獄めぐりー
大分県別府市野田782
約30分〜40分間隔で泉温105℃の温泉を、約6分〜10分間約30mの高さまで噴き出す天然の間欠泉で、一日の噴出量は約600kl。
安全の為石の屋根と壁で囲まれている。
間欠泉は、米国のイエローストーン国立公園やアイスランド、ニュージーランドなどにもあるがここは噴出期間が短いため観光客には向いていて人気がある。
私が訪れた時は、噴出予定時間のすぐ後にバスの時間が迫っており、次のバスまで1時間ほど待つ必要があったため、誠に残念ながら噴出の様子を撮影することは出来なかった。
ツツジ園を併設。
 
 
  広告      
   
      Home 大分県の旅へ 湯の町別府へ 別府八湯へ 別府八湯鉄輪温泉へ