旅 瀬戸内(たびせと)    別府八湯 GoogleMap    
   
 
  湯の町別府 別府八湯 観海寺温泉 別府八湯 別府温泉  
  別府八湯(べっぷはっとう)
別府には、泉質や歴史・個性の異なる温泉地があり、それぞれは独立した温泉地として栄えてきた。
それが、後ほど別府八湯と呼ばれるようになった。
その八湯とは、別府・観海寺・堀田・明礬・鉄輪・柴石・亀川・浜脇の八地区から構成されている。
別府八湯 観海寺温泉(かんかいじおんせん)ー別府八湯ー
朝見川上流、別府の高台に広がる温泉地で、別府市街は勿論、晴れた日には四国までも望むことが出来る。
鎌倉時代頃から湯治場として栄え、現在は、リゾートホテル、「杉の井ホテル」や弁当屋さんの経営する「だんご汁定食」と温泉の入浴をセットにした「いちのいで会館」など、温泉からの眺望を売り物にした温泉施設が多い。
 
  別府八湯 別府温泉ー別府八湯ー
別府を代表する温泉街で、JR別府駅や別府港に近く早くから発展してきた。
飲食街や商店街、歓楽街、古い町並みと新しい町並みとが入り混じって存在し、その中に共同浴場も150ヶ所前後点在、JR別府駅周辺や別府湾沿いには温泉旅館・ホテルが建ち並んでいる。
 
  広告      
     
     
  別府八湯 鉄輪温泉   別府八湯 柴石温泉    別府八湯 亀川温泉  
  別府八湯 鉄輪温泉(かんなわおんせん)ー別府八湯ー
鎌倉時代一遍上人が湯治場として開いたのが始まりといわれ、別府の代表的温泉郷。
いたるところから立ち昇る湯けむりを遠くからも眺めることが出来る。
今も湯治場として有名で、全国から多くの人が訪れ、中には長期逗留する人たちも多いため、共同浴場、旅館、みやげ物店が建ち並んでいる。
また、「地獄蒸し工房」では、江戸時代から伝わる当地伝統の料理法である地獄蒸しを体験することができる。
海地獄、坊主地獄など、地獄めぐり対象のほとんどの地獄が、この鉄輪郷内にある。
 
  別府八湯 柴石温泉(しばせきおんせん)ー別府八湯ー
TEL0977-67-4100 
〒874-0016 大分県別府市野田4
寛平7(895)年春に醍醐天皇が、寛徳元(1044)年3月に御冷泉天皇が病気療養のためにご湯治されたと伝えられている。
江戸時代に「柴の化石」が発見されたことから柴石温泉と呼ばれるようになった。
温度の違う二つの温泉、露天風呂、むし湯がある。
家族湯あり。
入湯料:大人210円、小人100円
家族湯:1時間4人まで1,620円
営業時間:7:00〜20:00(但し家族湯は9:00〜20:00)
最終受付時間は19:00
休館日:第2水曜日(祝日の場合は翌日)
内湯・露天風呂・家族湯ー単純温泉
適応症:温泉の一般的適応症
むし湯ーナトリウムー塩化物・硫酸塩泉
交通:別府ICから車約15分、JR別府駅から車約20分
別府国際観光港から車約15分
  別府八湯 亀川温泉(かめがわおんせん) ー別府八湯ー
別府湾岸の関の江海岸から上人ヶ浜にかけての海岸近くに湧出する温泉で、「承和年間(834年〜848年)、里屋(今の亀川)の小川に雌雄一対の白亀が現れ朝廷に献上したという「白亀伝説」が、亀川という地名の由来といわれている。
近くには、白亀塚があり周辺は亀の甲公園となっている。
亀川温泉は、海岸の砂浜からも温泉が湧き出していたため、海岸には砂湯があり全国的にもよく知られていた。
現在、上人ヶ浜に別府海浜砂湯が設けられていて、この砂湯は、フランスの「ミシュランガイド」で2つ星の評価を受ている。
亀川は亀川商店街沿いに発展してきた。
現在も亀川商店街周辺に浜田温泉、亀川駅前温泉、亀川筋湯、亀陽泉、四の湯温泉などが、また海岸寄りの別府競輪場には競輪温泉がある。
 
     
  別府八湯 明礬温泉   別府八湯 浜脇温泉    別府八湯 堀田温泉  
  別府八湯 明礬温泉(みょうばんおんせん)ー別府八湯ー
明礬温泉は、伽藍岳の中腹にあり、別府温泉の中で最も地熱活動の強い地域でる。
泉質は酸性硫化水素泉、緑ばん泉でPH3以下の強酸性を示し昔から皮膚病・神経痛・リュウマチ・糖尿病などに効くことで知られている。
湯の花は明礬温泉の有効成分をすべて含有しており、湯けむりの立ちのぼる藁葺きの「湯の花小屋」での製法は江戸時代より変わらず、国指定重要無形民俗文化財に指定されている。
駐車場のある岡本屋売店を中心に、山の湯、山の湯家族風呂、明礬湯の里、豊前屋旅館、山田屋旅館、湯屋えびす、湯元屋旅館、ゑびす屋旅館、岡本屋旅館などの入浴施設、温泉旅館と湯の花小屋が建ち並んでいる。
  別府八湯 浜脇温泉(はまわきおんせん)ー別府八湯ー
TEL0977-25-8118 
別府市浜脇1−8−20
鉄輪温泉と共に別府温泉発祥の地として知られ、浜から温泉が湧き出ていたことから「浜湧き(わき)」の名が付いたといわれている。
昭和3年には、鉄筋コンクリート造りの浜脇高等温泉が建設され多くの利用者でにぎわった。
その後、平成3年に再開発事業として普通浴の「浜脇温泉」と、ヨーロッパのクアハウスをモデルにした多目的保養館「湯都ピア浜脇」の二つのタイプの温泉が入居したビルが建設されている。
この温泉ビルの前に建っているアーチ形のモニュメントは以前の浜脇高等温泉を記念したもの。
浜脇温泉
営業時間:6:30〜25:00
入浴料金:100円
休日:年1回
湯都ピア浜脇
営業時間:10:00〜22:00(最終受付21:00)
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
交通:別府ICから車約15分、JR別府駅から車約10分、別府観光港から車約10分
 
  別府八湯 堀田温泉(ほりたおんせん)ー別府八湯ー
TEL0977-24-9418 
大分県別府市堀田2
堀田温泉地区は、古くから湯布院・日田へ通じる交通の要衝で江戸時代以降温泉場として栄えた。
この市営の堀田温泉は堀田温泉を代表する温泉施設として平成15年4月にオープン。
営業時間:6:30〜22:30
休館日:第1水曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料金:大人210円、小人100円
泉質:単純温泉
交通:別府ICから車約3分、別府駅から車約10分、別府国際観光港から車約15分
堀田温泉付近の温泉、温泉宿・ホテル
桜湯(家族風呂と大浴場あり) 
TEL0977-25-8431 
大分県別府市堀田4−2
営業時間:平日11:00〜24:00(受付は23:00まで)、土曜・日曜・祝日10:00〜25:00(受付は24:00まで)
入浴料金:大浴場700円(大浴場の受付は22:00まで)、家族風呂ー1湯2,000円〜3,000円、入浴時間50分
家族風呂は客ごとに湯を総入れ替えする。
桜湯ホームページ
ホテルさわやか別府の里、別府温泉リゾーピア別府、別府堀田温泉 ホテル芙蓉倶楽部
 
  広告      
   
      Home 大分県の旅へ 湯の町別府へ