旅 瀬戸内(たびせと)

熱田神宮 信長塀
     
  熱田神宮 信長塀 永禄3(1560)年
織田信長が桶狭間出陣の際、当神宮に願文を奏し、大勝したもので、そのお礼として奉納した塀である。
土と石灰を油で練り固め、瓦を多数積み重ねている。三十三間堂の太閤塀、西宮神社の大練塀と並び、日本三大土塀の一つといわれている。
(現地案内板)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 熱田神宮とその周辺へ 熱田神宮へ