旅 瀬戸内(たびせと)

熱田神宮(あつたじんぐう) GoogleMap
     
     熱田神宮 本殿  
     
  熱田神宮 拝殿      熱田神宮 拝殿  
  熱田神宮(あつたじんぐう)
御祭神:熱田大神(あつたのおおかみ) 相殿:天照大神(あまてらすおおかみ) 宮簀媛命(みやすひめのみこと) 素盞鳴尊(すさのおのみこと) 建稲種命(たけいなだねのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
熱田神宮由緒
熱田神宮の創祀:三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まる。
今からおよそ1900年前、第12代景行天皇の御代、日本武尊が神剣を名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)で亡くなったため、お妃の宮簀媛命が、神剣を熱田の地にお祀りされたことに始まっている。
その後、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として崇敬をあつめ、名神大社・勅祭社に列せられ国家鎮護の神宮として特別の取扱いを受ける一方、「熱田さま」・「宮」と親しんで呼ばれ、殊に豊饒な尾張平野を控えた地理的特性は、農業を主とした産業守護の神としての信仰をも生むに至った。
このことは、今日行われる当神宮の祭典、神事の多くが、農業を主とした民生殖産と深いつながりを持っていることでも立証され、そのことから当神宮の歴史的な特性もうかがわれる。
境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられている。
蒼古とした木々が緑景を織りなす6万坪の境内は、古来「蓬莱島(ほうらいじま)」の名で知られ、大都会の中心にありながら、静寂で四季の装いあふれる「熱田の杜(もり)」として親しまれている。
                                                                  
(現地案内板より、一部言葉遣いを簡略化)             境内案内図
熱田神宮と平家物語
源義朝の母が熱田神宮の大宮司 藤原季範(のりすえ)の娘(由良御前)で、新 平家物語では、鞍馬で修行した遮那王(牛若丸)が、藤原秀衡(ひでひら)を頼って奥州へ脱出する時、ここ熱田神宮で元服し源義経と名乗ったと書かれている。
義経元服の地は、他に、滋賀県竜王町の「鏡の宿」であるとの説も・・・・。
「草薙の剣」は、平家物語では、平家滅亡の際、二位の尼、安徳天皇と共に壇の浦に沈んだことになっているのだが、なぜここにあるのだろうか?
壇の浦に沈んだのは代形(熱田神宮に祀られているものと同形のもの)説、あるいは元々別のもので同名の剣が宮中と熱田神宮の両方にあったとする説など諸説あるようであるがもう少し詳しく調べてみたい。
 
           
  ならずの梅   西楽所    参道   
熱田神宮 ならずの梅
享禄古図にも描かれている奇木で、花は八重。一度も実をつけたことがないので「ならずの梅」と名付けらた。
熱田神宮 西楽所
五代将軍綱吉が貞享3(1686)年に再建。5月1日の舞楽神事にはここで楽を奏する。
神楽殿 信長塀 文化殿(宝物館)
熱田神宮 信長塀 永禄3(1560)年
織田信長が桶狭間出陣の際、当神宮に願文を奏し、大勝したもので、そのお礼として奉納した塀である。三十三間堂の太閤塀、西宮神社の大練塀と並び、日本三大土塀の一つ。
南新宮社 菅原社 第一鳥居
熱田神宮 南新宮社
御祭神:素盞鳴尊(すさのおのみこと) 南新宮社祭ー6月5日 御神徳ー疫病退散
熱田神宮 菅原社
天神さま 御神徳ー学業成就・入試合格・知恵授け等

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 熱田神宮とその周辺へ