旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城跡    
   
        
  国指定史跡 安芸郡山城跡 
昭和15年指定 昭和63年拡大指定
安芸郡山城は、毛利元就・輝元が戦国大名として勢力を拡大していく中、本拠地として大規模化した山城である。
  山頂が本丸で、全山に270以上の郭や寺院跡、堀跡など多くの遺構が残されている。
日本百名城の一つ
(安芸高田市教育委員会現地案内板を参考)
     
  広告      
   
        Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ