旅 瀬戸内(たびせと)    安芸国分寺 東辺の築地塀    
             
                
   
   
  安芸国分寺 東辺の築地塀
寺域を区画する施設として築地塀(ついじべい)が設けられていました。
東辺の築地塀は、発掘調査で堰板(せきいた)を固定する添柱(そえばしら)の跡が並んで見つかったことから、基底部の幅約2m、高さ約3mであったと考えられます。
しかし、周囲から出土する瓦(かわら)の量が少なく、棟(むね)にのみ瓦が使用されていたと推定されます。
西辺の築地塀は、ここから約250m西に設けられていました。
整備にあたって、サザンカの生垣で築地塀を表示しています。
               東広島市
(現地案内板)
 
     
     
       現地案内板      

Home 広島県の旅へ 安芸国分寺跡へ