旅 瀬戸内(たびせと)    安芸国分寺 国師院建物跡     
             
                
   
   
     
  安芸国分寺 国師院建物跡
周囲が板塀で囲まれたこの場所には、国師(こくし)が執務していた事務所と推定される大型建物が建っていました。
国師とは、奈良時代に寺院や僧侶(そうりょ)の指導を行うために都から諸国に派遣された僧侶(官僧)で、各国に国分寺が建立された後は、国分寺の中に居所を構えて執務を行っていたようです。
安芸国分寺の発掘調査では、このことが全国で初めて確認されました。
整備にあたって、板張りの床を復元し、建物の大きさと柱の位置を表示しています。
                   東広島市
(現地案内板)
 
     
       現地案内板      

Home 広島県の旅へ 安芸国分寺跡へ