旅 瀬戸内(たびせと)

秋葉山
   
   秋葉山  
  吉備史跡県立自然公園 秋葉山
井山十境地区の最北端に位置する標高247.4メートルの山で井山宝福寺の鎮守神として秋葉・金毘羅の二神を山頂に祭ってある。
この山頂からの眺望はすばらしく、北に大山、南に瀬戸内海の島や四国を、東は備前平野などを一望におさめることができる。
(現地案内板)
山頂には、上に記載するような案内板が設置されている。
しかし、この案内板の設置当時より樹木が伸びてしまった為か上の写真に示す高梁川方面と総社市街しか眺めることができない。
私達が山頂を目指す場合、そこからの眺望は重要な動機であるが、自然の保護との調和をどのようにするかは検討すべき重要な課題である。
 
          さらに詳しくは⇒秋葉山   

Home 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ