旅 瀬戸内(たびせと)

赤間神宮 GoogleMap
     
     赤間神宮拝殿  
     
   赤間神宮 水天門   赤間神宮 本殿屋根   
  赤間神宮
御祭神 第81代安徳天皇
御祭日 5月3日 先帝祭  10月7日 例大祭
寿永4年(1185)年3月24日源平壇浦合戦に入水せられた御8歳なる御幼帝をまつる天皇社にして下関の古名なる赤間関に因みて赤間神宮と宣下せられる。
昭和20年7月2日震災に全焼せるも同40年4月24日御復興を完成し同50年10月7日、寛仁親王殿下の台臨を仰いで御創立100年祭を斎行 同60年5月2日 勅使御参向のもと高松宮同妃両殿下の台臨を仰ぎ御祭神800年式年大祭の盛儀を厳修せり。                                       赤間神宮案内図
水天門記
惟時昭和32年11月7日大洋漁業副社長中部利三郎氏は率先多額の御寄進に加へて曰く即ち関門海底国道隧道の完成と下関市制70周年大博覧会開催の秋、吾国未曽有の御由緒と関門のこの風光明媚とに鑑み水天門の建立こそ今日より急務なるはなしと、此処に昭憲皇太后より賜はりし御歌の
  今も猶袖こそぬるれわたつ海の龍のみやこのみゆきおもへは
に因みて龍宮造となし御造営し奉れは昭和33年4月7日畏くも昭和天皇 香淳皇后両陛下此の神門の御通初め御参拝を賜はり赤間神宮並に安徳天皇阿弥陀寺陵に詣でてと題し給いて
 みなそこにしつみたまひし遠つ祖をかなしとそ思ふ書見るたひに
の御製一首をも下し賜ひし空前の行幸啓に輝く水天門是なり
太鼓楼記
水天神鎮の恩頼を蒙り奉る関門港港湾建設社長清原梅義氏は本宮崇敬会長として夙に敬神の念に篤く、時恰も下関市制百周年を迎うるや本市の発展は陸の龍宮の具現に在りと太鼓楼の造立を発願せられ平成2年1月27日旧元旦を期して見事に竣成す。蓋し新帝即位御大礼の佳歳にして全国民奉祝記念事業の嚆矢を以って除幕奉献せらる。
打鳴らす鼓音とうとうと関門海峡をわたり国家鎮護世界平和の響き四海に満ち水天皇の神威愈々光被せむ。
水天門 掲額の記
神門楼上に関門海峡を見はるかし黒漆地に金波輝く水天門の御額は寛人親王殿下の御染筆をたまわり平成17年5月3日御祭神と仰ぐ安徳天皇820年大祭に際して宮様お成りのもと思召を以て御自ら除幕を頂いたものであります。
御神宝類
重要文化財   平家物語長門本       全20冊
重要文化財   赤間神宮文書         全10巻1冊
山口県文化財  安徳天皇縁起絵図      全8幅
          平家一門画像         全10幅
          源平合戦図屏風        1
双ほか
宝物殿にて順次公開す
(現地案内板)
 
     
   
   赤間神宮  
       
  安徳天皇阿弥陀寺陵    平家一門の墓   太鼓楼  
           
   獅子    薄墨の松    石幢  
         
  勅額     日本西門鎮守八幡宮   水天供養塔   
         
   芳一堂    赤間神宮   赤間神宮から見た下関海峡   
           
       水天門   八咫鏡   
           赤間神宮ホームページ  

Home 兵庫県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源平壇ノ浦合戦の地関門海峡