旅 瀬戸内(たびせと)

       
      英賀城本丸之跡碑ー黒田官兵衛ゆかりの地ーGoogleMap    
             
     
     
     
  英賀城(あがじょう)本丸之跡碑黒田官兵衛ゆかりの地
岩繋城(いわつぎじょう)ともいう。
南は海、西は夢前川、東は水尾川に面し、北は湿地帯で、守るのに大変つごうのよい城であった。
鎌倉時代には、とりでが、造られていたが、室町時代になると播磨の守護大名であった赤松氏の一族が守った。
しかし嘉吉の乱(1441年)によって勢力を失った後、三木氏が城主となって城をさらに整えた。
天正8年(1580年)秀吉に滅ぼされるまで約140年間三木氏は、的形から室津の間を中心にその周辺を支配し、一大勢力を誇っていた。
城内には本丸・二の丸をはじめ、一族がそれぞれ大きな屋敷を構えた。
また英賀五坊をはじめ多くの真宗寺院、商家や住宅が建てられ、交易の盛んな港のある城下町(四十九町、約九百軒)として大いににぎわった。
昭和13年ごろまでは図に示したように土塁が残っていたが、今では英賀神社と英賀薬師(城主の墓所・宝寿寺跡)の北側だけに残っている。
また英賀御坊跡は昭和13年ごろ夢前川の付替工事により消滅した。
その時、瓦・礎石や日常使用していた器などが出土した。
       平成6年12月  姫路市教育委員会
(現地案内板)    本丸二ノ丸周辺復元図   英賀城跡周辺区域周辺図   
 
         
   山陽電鉄 西飾磨駅    英賀城本丸之跡碑    英賀神社  

Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 英賀神社へ